■ Daily 2011/11 ■

2011/11/25 紅茶男

コンビニで韓流フェアを見る度に、流行っているんだなぁ、と感心。
いや、僕自身は、基本的に、テレビはアニメしか見ていないのでいまいち実感がないのですが。

しかし、焼肉チェーン店の幟にあった「韓流焼肉」は謎です。
焼肉って、元から向こうの食べ物だろうに……


2011/11/22 紅茶男

久々に少し早めにお仕事が終わったので、本屋に寄ろうと道を歩いていると、兄弟と思われる子供達二人が走り回っていました。
傍にいた若い母親がすかさず注意。

「こら!手前ら、もっと静かにしろよっ!」

……うん、まあ、あれです。
注意するだけでも偉いですよ、うん。

 

お野菜が不足気味の生活が続いていたので、本日の夕食は、サラダバーが置いてあるファミレスで。
野菜を食べて、野菜を食べて、ハンバーグ食べて、野菜を食べて、野菜を食べて、夕食終了。

食事後、会計を済ませると、スクラッチカードをもらいました。
うまくすると特定メニューのタダ券になるとのことなので、帰ってから、10円玉でゴシゴシと。

「スパゲッティカルボナーラ」(温泉卵添え)

半熟系の卵がダメな僕の一番苦手なパスタでした。

しゃあない、誰かにあげるか……


2011/11/20 紅茶男

喪中ハガキが足りないことに気付き、本日はそれをテコテコ作成。

CG作り用の画像処理ソフトをもっているため、時間は掛かったものの、なんとか完成しました。
しかし、CG作りの技術がこういう時に立つとは……うーむ。

マンガにしろ、小説にしろ、自分の好きな作品がアニメ化される際は、誰もが、原作で好きなシーンがどう表現されるかを楽しみにするものだと思います。

というわけで、今季のアニメの「ベン・トー」は、原作から入った僕には、うーむ、な出来。

いや、アニメ単体で見れば面白いとは思うんですが、どうしても原作と見比べるとコレジャナイ感が溢れてしまいます。

違うんだよぉ!
猟犬群との決別はもっと格好良いんだよ!
互いの半額弁当奪取への価値観をぶつけ合う戦いなんだよ!
モナークだって、あれじゃあただの卑怯者じゃないか!
彼なりの思いがあって歪んでしまったからこそ、あの強さが魅力的だったのに!
大体、決戦の相手を魔術師から氷結の魔女に変更するってなんだ!
そこ変えたら、話も設定も全く違うものになるじゃないか!
おまけに佐藤とピアスとの戦いをなんでカットしたぁ!
あ、槍仙先輩の黒ストッキング太ももは良い仕事しています、最高です、はい!

とまあ叫んでしまいますが、小説は小説で、アニメはアニメ。
素直に別物として見るべきなんでしょうね……


2011/11/12 紅茶男

せっかくクロスバイクを買ったのだから、というわけで、本日はお仕事場に立ち寄り、その後はあちこちをぐるぐると。

いままで、電車賃片道310円、即ち、往復620円を払って買いに行っていた北千住の飴屋さんに、とりあえず気合いと根性があれば自転車で行けることが判明したのはありがたいです。

それにしても、川辺……というか、水の近くを自転車で走ると、風が気持ちいいですな。
向かい風の時は泣きたくなるけれども。

とまあ、お昼は自転車に乗り、夕方以降は引きこもって、HなCGの原画作りを描き描き。
差し替え分を考えながらの作業は、楽しいけれども、面倒いです。

もっとも、昼に運動めいたことをしたせいか、身体と頭に血が回り、それなりのペースで作業ができたのは収穫。
やはり、一日閉じこもるよりも、少しでも身体を動かしてから作業に入った方がいいのかなぁ……

と思っていたら、夜に入り、太ももが痛くなり始め、集中できない状態に。

……何事も、少しずつ変えていかないとダメですね。


2011/11/08 紅茶男

家でトイレに入る時は、必ずマンガを持ち込むという癖があります。

んで、本日。

帰ってきてから、いつものように手近にあったマンガを掴み、トイレに入り、用を足し、扉を開け、廊下に出た瞬間、ゴキブリ様とご対面。

反射的に持っていた本で叩き潰してしまいました。
あぁ、買ったばかりの、「GA」の四巻が……ごめんなさい、きゆづきさとこ先生。


2011/11/06 紅茶男

昨日、はしゃぎ過ぎたせいか、風邪がぶり返しました。

明日以降のお仕事に備え、大事を取って一日寝ていることに……をいう判断を即座に下したあたり、なんというか、やっぱり社会人なんだな僕は、としみじみ。


2011/11/05 紅茶男

クロスバイクという自転車を購入しました。

えと、クロスバイクというのは、シティサイクル(いわゆるママチャリ)とロードバイク(ロードレースで使われている格好いいアレ)の中間に位置する自転車です。
ママチャリよりも軽くて速いけれども、ロードバイク程は本格的なものではない、という感じのスポーツ自転車です。
早い話、初心者向け。

購入に至った動機は、風を感じながら自分の限界に挑戦してみたかったから……などというものでは勿論なく、
・健康診断で「まー、悪いってわけじゃないけれども、あれだよ、運動してる?してない?ダメだよそれじゃあ」な結果が出たこと
・お仕事が忙しくなりすぎて「ダメだ、なんかでっかい買い物してこの鬱憤を解消しないと」な精神状態になったこと
が理由です。

またしても、おっさん化が進んでいますな、僕。

というわけで、本日はただひたすらに<クロスバイク購入>から<初心者の一日目>を延々と語っていきます。
……すいません、結構、高い買い物だったので、語りたくて仕方がないんです。

興味ない方がほとんどだと思いますので、先に謝っておきます。
ごめんなさい。

 

<クロスバイク購入>

前述の理由により、「とりあえず自転車を買おう」と思い立ったものの、自転車の知識は全く無し。
無い以上は調べないとなぁ、ということで、ネットであれこれ検索したり、初心者向けっぽい雑誌を買ったものの、理解できたのは以下の2点だけ。

・自転車本体はどんなに安くても4万円はする。
・上を見たらキリがない

というわけで、これはもうお店に行って相談するしかないな、と思ったものの、街で見かける格好いい自転車が置いてある店はどうも敷居が高い感じがして、うむむ。

イメージ的には、
「マスター、○○○のホイール入ってる?」
「それもいいけれども、やっぱりここはブレーキも××の△△△△に変えた方がいいんじゃないか」
みたいに、お店の人と常連客が楽しそうに専門用語で会話している感じで、そないなところに、運動音痴な初心者の僕が入っていくのはどうもなぁ、と勝手に想像して、勝手に怯えてしまい、二の足どころか、三の足、四の足を踏む始末。

んで。
ネットというのはありがたいもので、あれこれ調べている間に、ワ○ズロードというあちこちにお店を出している自転車屋さんの一店舗に「ビギナー」という文字が入ったところを発見。

どうも初心者専門店らしいので、ここならば、と思い、先週、仕事帰りに行ってきました。

とりあえず、「すいません、自転車欲しいんですけれども」というのは、八百屋に行って「野菜が欲しい」と言うようなものである気がしたので、店に行く前に、自分である程度の要点を整理。

・購入はクロスバイクを軸に考えている
・予算はあれこれ(本体+必須の付属品)含めて8万円が目安
・週末(休日)にしか使わない
・一回の走行距離の目標は、約40km(自宅と秋葉原の往復)
・将来的には分解して電車で移動して旅先で乗りたいな

以上を頭の中にメモし、いざ、お店のある新宿の小田急ハルクへ。
M2階、という1階と2階の中間部に位置するお店のため、デパート内移動の基本であるエスカレーターでは行く事ができず、1階と2階を何度か往復し、ようやくそこに至る階段を見つけて到着。

一応、店内に置いてある自転車をいくつか見たものの、さっぱりわからないため、店の奥の方に進むと、相談カウンターがあり、店員さんから声を掛けてもらえたので、条件を出して購入相談に入りました。

店員さんの回答としては、
・その条件ならクロスバイクがオススメ
・走行距離を考えると、ロードバイク寄りの方がいいですね
・なにか、決めているメーカーはありますか?
というもので、「決めているメーカーはありません」という僕の答えと共に、車種選定を開始。

まず、メーカーは「GIANT」というところで決定。
世界で一番多くクロスバイクを作っているメーカーだそうで、大量生産のため一台当たりの値段が、他メーカーの同機能品に比べて安いとのこと。

うんうん、安いというのはいいことですよ。

後はモデルですが、ややロードよりということで、「ESCAPE RX」というシリーズに決定し、後はこの中でのランクを選択。
候補になったのは、「RX3」と「RX2」で、違いは、前のタイヤを支える部分の材質(アルミかカーボンか)。

カーボンを使っている「RX2」は1万円ほど高いものの、この部分をカーボンにすることによって、腕の疲れが軽減できるということで、「RX2」に決定し、最後に色を決めて発注。

……ええ、「発注」なんですよね。
いままでママチャリしか知らなかった身としては、自転車とは「店にあるものを買ってくる」ものだったので、なんだか戸惑いました。
おまけに「『在庫少』だから、もしかしたら、納車は一カ月先になるかも」とまで言われましたし。

そういえば、「納車」という言葉も結構衝撃的でした。
あれって、バイクとか車とか、エンジン付きの乗り物にしか使わない言葉だと思っていましたよ。

さてさて。
後はオプションパーツですが、僕の場合は、ラーメンで言う所の「全部乗せ」に近い状態になったため、最終的に支払い総額は10万円近くまで掛かりました。

・保険:これは必要
・自転車スタンド:これも必要
・鍵(ワイヤー):同じく必要
・前ライト:絶対に必要
・仏式ポンプ:クロスバイクではママチャリ用ポンプは基本的に使えないので必要

に加え、


・サイクルコンピューター:走行距離、速度、時間を教えてくれる優れもの
・ドリンクホルダー:自転車は思っている以上に喉が渇きます
・替えパンク:お守り代わりに
・携帯用ポンプ:これもお守り代わりに>

を買い、さらにその後、手袋とヘルメットも買いました。
何はともあれ、初心者なので「お財布が可能な限り、安全で使いやすいものを」がコンセプトです。

幸い、メーカーに在庫があったので、一週間での納車となりました。
てなわけで、本日は初乗車。

 

<初心者の一日目>

記念すべき一日目。
馴らしも兼ねて、ある程度の距離を走りたいなぁ、と考え、地図を見ながらあれこれ検討。

本日は、友人と銀座で食事の約束が入っていたので、
新宿で納車
 ↓
銀座で食事
 ↓
秋葉原で買い物
 ↓
帰宅
という約30kmのコースを設定。

まず、新宿のお店でクロスバイクを受け取ると同時に、簡単な初心者講座を開いてもらいました。
メンテナンス前提のものであるため、やはりママチャリとは違うんだなぁ、と実感。

逆に、ろくにメンテナンスもせずにちゃんと使えるママチャリがいかに優れているかも実感しましたが。

そして実走。
ママチャリからクロスバイクに乗り換えた時の感覚は、多分、たくさんの人がブログで書いていると思うので、割愛します。

初心者として驚いたのは、

・車体が軽いため、ママチャリで癖になっていた「最初の一漕ぎ目は、力を乗せるために半立ち漕ぎ」が不要
・2〜3漕ぎでかなり進む
・その後の惰性でも、それなりのスピードが出る

というのが最初の数分の印象。

なお、しばらく乗っているうちに気付いたのは、

・ブレーキを意識して使わないといけない

ことで、普段、ママチャリでは、右のブレーキ(前輪用)も、左のブレーキ(後輪用)も意識しないで使っていますが、クロスバイクの場合、何も考えずに、止まるために右のブレーキを思いっきり引くと、走行時の勢いを前輪で強制的に止めるので、さしてスピードが出ていなくても自転車自体が軽いためか、それだけで後輪が浮きました。
多分、速度を出していたら、自転車で前転するようなケースもあり得るかと。

いまのところ、左の後輪用ブレーキで速度を落としながら、右の前輪用ブレーキで停止する、という感じで使っていますが……これで正しいのかなぁ。

さてさて。
新宿から銀座へは基本車道を使いましたが、うん、その、邪魔ですな、路肩に駐停車中の車というのは。

車道の端を走らないといけない自転車にとっては、路肩停車の車があると、中央の車線に膨らむように走らなければならず、これが結構恐かったです。
途中、歩道が広いとこでは、そちらに逃げましたし。

それにしても、クロスバイクの走行性というのは、坂を上がる時などは強く実感します。ギアを一段軽くするだけで、大抵の坂は息切れもなく簡単に上れるので。

そんなこんなで、銀座に到着し、三越の地下にある駐輪場に停車。
広くて、使いやすい駐輪場でした。

その後、友人と待ち合わせして、銀座で豪華ランチ。
安くて、美味しいお店だった……また行きたいなぁ、特にあの焼いた人参なんかは……というのは、今日の日記では余談なので、省略。

わりと遅い時間までご飯を食べ、さらにその後、ぶらぶらと散歩をしていたため、帰る頃にはかなり遅い時間となっていました。
おまけに買い物もしたので、荷物は手いっぱい(正確にはリュック一杯)。

秋葉原へ行くのは諦めよう……と思ったのですが、それだと何故か負けたような気持なるので、とりあえず、秋葉原を経由して帰ることにしました。
これが間違いの第一歩。

素直に、銀座から自宅へ帰ればよかったところを、大周りになるポイントを挟んだため、陽が落ち始め、ライト様のお世話になる時間帯に突入。
一気に車道を走るのが怖くなりました。

さらに、秋葉原方向に出たことで道を間違え迷子になる始末。
アレ、なんでこの道の行き先は、遠い街の名前しかデテいないノ?みたいな。

ここで寂しくなったので珈琲男君に「迷子になったメール」を送信。
返信メールに励まされ、なんとかわかる街道に戻ったものの、車道は路駐がやたらと多く、昼のように中央車線に膨らむような乗り方は恐くてできませんでした。

幸い、歩道が広かったので、そこを徐行しながらちまちま走行し、最後に一気に裏道を抜けての帰宅となりました。
本日の走行距離35km。

一日走ってみた感想は、

・自転車は喉がやたらと渇く
→走行中に飲んだスポーツドリンクの量は1リットル(500ml×2本)でした。帰ってからも麦茶をガブ飲み。

・車は自転車を見ていない。歩行者も自転車を見ていない。
→実際にそう、というわけではなく、そういう心構えで走った方がよさそうな感じ。特にこちらが直進している時に、横の道から出てくる車や歩行者はけっこう危険です。あと、路上にはみ出す形で看板が置かれていたり、交差点で、なぜか一歩車道に踏み出して信号待ちをしている人もいるので注意。

・車体が軽いので、ギアは少し重めでも大丈夫。
→てか、基本となるギアの、上下2つくらいしか使わないので、実質4〜5段あれば十分。僕のクロスバイクのギア?3×9の27段変速ですよ……たぶん、一生使わないギアがある……

・スピードを出しすぎないこと
→サイクルコンピューターは、時間や走行距離や速度をデジタル表示してくれるので、走る際にはかなり便利なのですが、同時に、時速の表示は、クロスバイクの快適性と相俟って、スピードを出したくなるので注意。ブレーキのことを考えるとスピードは控えめに。

・上りが楽しく、下りは恐い
→ママチャリからの乗り換えだと、嘘みたいに坂の上りが楽に感じられます。逆に下りはスピードが出るので前述の通り恐怖が。夜間なんて、ええ、もう、それは……

な、感じでした。

さて、今日は寝ますか。
明日、筋肉痛になっていないといいんだけれども……


2011/11/04 紅茶男

お久しぶりです。
紅茶男です。

久々の日記更新ですね。

えと、日記の更新をさぼっている間、お仕事をして、お仕事をして、お仕事をして、あと、風邪を引いていました。
なんというか、うん、ユンケル様は人類が発明した中で最も偉大なものだと思いましたよ、冗談抜きで。

とまあ、そんな日々も終わり、仕事のペースも徐々に平常状態へと移行。

はよ、お絵かきがしたい……のですが、しばらく鉛筆をいじっていなかったので、一抹の不安が。
次の週末は久々にゆっくりしながら、好きなことだけをやりたいです。