■ Daily 2010/08 ■

2010/08/31 紅茶男

8月31日。
というのは、僕の住む地域では、子供にとって夏休み最終日を意味する言葉だったのですが、珈琲男君に聞いたところ、時代というのは移るもので、いまでは9月1日を含む週の月曜日から学校が始まるとのこと。

聞いた時は、本当かなぁ、と思っていたのですが、実際に昨日から近所の家々では「行ってきまーす」という元気のよい声が。

うーむ、本当だったか。
しかし、なんというか……機能的なんだろうけれども、情緒がないなぁ。

 

えっち絵の神様が少しこちらをチラ見してくれたらしく、CGの下絵が半分ほど完成。

いまのうちに少しでも作業を進めんと……


2010/08/29 紅茶男

えっち絵の神様。
なにか僕、不信心なことしましたかね……描けば描くほど絵が崩れていくってなんの罰なんでしょう……うーむ。

あかん、なにかスイッチが切り替わるようなことをせんと。

てな感じで、今日は一日引きこもり、最終的になにも残らずにぐったり。

まいっか、暑かったし、クーラーの効いた部屋でのんびりと休日を過ごしていたと思えば……


2010/08/27 紅茶男

今月の中頃から、ジリジリとお仕事の時間が増え、ついに本日は、久々の午前様状態に。

てなわけで、久々に0時付近の電車に乗ったのですが、さすが金曜日の深夜間際の時間。
いい感じに酔った方々がそこかしこにいて、賑やかな声があちこちから。

そうそう、この感じ。これがこの時間の電車だよ。
と、当たり前のようにその時間帯の電車に乗っていた数年前の事を思い出し、なんだか、懐かしい気持ちになりました。

たまには、この時間までお仕事を頑張るのもわるくないなぁ、と。

で、電車にのって十五分後に到着した、大きな駅で、大丈夫?ねえ、大丈夫?と聞きたくなるような酔っ払いさんが真隣に。

前言撤回。
お仕事なんて、頑張るもんじゃありません。


2010/08/26 紅茶男

昨日、アニメ監督の今敏氏の訃報が。

で、僕が唯一持っている監督の作品の「パプリカ」を追悼として見ようかなぁ、と思ったのですが、部屋のどこかに隠れてしまい発見できず。

「パプリカ」のDVDは、たまたま店で流していた映像を見て、一目ぼれして購入しました。

初見の感想は、
「これ、お話といい、映像といい、どう考えても一般受けするものではないだろうなぁ」
というもので、その感覚はいまでも変わっていません。

変わっていないのですが、あくまで「一般受けしない」というのは、誰もついてこない方向に突っ走っている、という意味ではなく、単に開拓的な作品であるため。

んー、なんて言ったらいいんだろう。
ちょうどファッションに興味がない僕が、パリコレなどの映像を見て、
「いやいやいやいや、ないないないない」
というような感じ。

二十年ぐらい前のパリコレの資料をみるとわかるんですが、そこで発表されたものって、何年か後には「普通の人が着る服」になるんですよね。

ちょうど今敏監督の作品もそんな感じで、いずれこういう映像がごく普通のアニメとして、テレビで目にするようになるんのかな、と。

46歳とのこと。
合掌。


2010/08/24 紅茶男

朝。
半分眠っている頭を起こしてふと窓を見ると、網戸の向こうにでっかい蜂が。

色は黄色地に黒模様のツートンカラー。

でっかくて。
黄色地で。
黒で。
蜂。

となれば、昆虫に詳しくない僕の知識に該当するのは一つしかありません。

スズメバチ。
日本におけるキング・オブ・ビーな立場にあるだけに正確はとてつもなく凶暴で、人への殺傷数は熊を上回るというキケンなアイツです。

もちろん、眠気など一発で吹っ飛び、慌てて枕元に置いてあったノートパソコンを立ち上げ検索をかけたのですが、「スズメバチ」で出てきた画像は、目の前にいるやつよりもずんぐりむっくり。

となると、別の蜂なのかな、と思い、もう少し調べたところ、「アシナガバチ」というのが網戸の向こうにいる蜂だということが判明。
スズメバチ科には属するものの、人を襲う事はほとんどないとのこと。

とはいえ、安全と安心は違うもの。
人家に巣をつくることもあるようなので、どうにか駆除してもらえんかなぁ、と思い自治体のホームページを調べたところ、次のような一文が。

「アシナガバチは害虫退治の名人で、緑を食い荒らす害虫を幼虫のエサとしています。
生活に支障がない高い所や近隣に迷惑がかからない場所でしたら、巣の命は1年です。そっとしておいてください。」

さいですか。

まあ、地元の畑のお野菜にはお世話になっているので、目に着くところに巣を作らんのならば放置する、ということで。
……ただの通りすがりさんだったらいいんだけれどもなぁ。


2010/08/22 紅茶男

えっちぃCGを作ろうと午前中ずーっとパソコンに向き合ってみたものの、どうにも思うようなものができず断念。

なんで、頭の中にあるものを画面に映すだけなのに、うまくできないんだろう。

というわけで、午後はトップ絵作りを。
……小さなCGなのに、3時間半もかかる自分の手の遅さに苦笑です。うー、スピードが欲しひ。

どこが8月なのか、と思うようなトップ絵ですが、影と景色の線がとにかくはっきりしている、というのが僕の夏の印象です。
まあ、その夏も暦の上ではまもなく終わるわけですが。


2010/08/21 紅茶男

のんびりと部屋に引きこもるはずが、親戚回りの用事が入り、お出かけの一日に。

僕の住んでいるところは、気象庁の観測点らしく、この夏はよくテレビで、
『東京の○○では、××℃を記録しました』
という言葉が流れていたため、訪問先の親戚の方々から、「大丈夫だった?」と暑さを気遣う言葉が。

大丈夫です。
36℃程度の気温、女の子を抱き締め続けているのと同じことですから。

 

アリスソフトさんの「戦国ランス」の販売本数、10万本を突破したとのことで、嬉しい限り。
おめでとうございま〜す!

ん?
10万本

…………エロゲってそんなに売れるものなんだ。


2010/08/20 紅茶男

先の日曜日に、コミケの後で、珈琲男君と、冬になにを作ろうかと話していた時のメモが手元にあるのですが、見返すと、なにがなにやら、という感じの言葉の羅列。

なんというか、飲み屋で酔っ払いの言葉を書き留めたものとほぼ同じレベル。
雰囲気に酔っていたんだなぁ、やっぱり。

 

明日は休日。

平日は帰ってすぐ寝るだけの生活だったので、ようやくモノつくりに時間が回せそう。

なにか一品でも作れればいいんだけれども……


2010/08/18 紅茶男

昨日、僕の住んでいるところでは、38℃という冗談としか思えない暑さを記録しました。

まあ、昼間はお仕事場のある町にいたのですが、そこも同じような猛暑で、おまけに外回りのお仕事の日。
戻ってきてお仕事場の人に愚痴をこぼしたところ、以下のような発想の転換を勧められました。

「36℃の暑さって、要するに、人の体温と同じくらいだろ?
だったら、外回りの間、ずっと女の子を抱きしめていたと思えばいいじゃないか」

……ポジティブな人間って、発想の出所が違うんですね。


2010/08/16 紅茶男

昨日はコミケに行ってきました。

えと、色々と個別に申し上げていくとキリがないため、まとめて一言。

「皆さま、ありがとうございました」(ぺこり)

 

しかし、暑いコミケでした。
僕が参加した中では、随一だったかも……

帰ってきた時は、思ったほどの疲れはなかったのですが、一日たった今日は、喉がやたらと渇くし、塩気のあるものは食べたがるし、甘いものが欲しくなるし、カロリー高いものを身体が求めるし……と、どうやらエネルギーを全て使い果たさなければならない状態だったみたいです。

ちなみに、今日は、この夏最高の暑さ。

ここのところ、アスファルトに転がった姿で遭遇することが多い蝉さん達がひときわ元気に鳴いていました。
「まだだぁー、まだまだやれるぞぉぉぉっっ!」
みたいな感じで。

……ぼくも、がんばらんと。


2010/08/13 紅茶男

ここのところ、どうも胸の大きな子のえっちぃ絵作りに気が乗らず、うむむな感じだったのですが、夏アニメの「ハイスクール・オブ・ザ・デッド」を見ているうちに、失いかけてきたものが沸々と。

やはり、エロとバイオレンスは、エンターテイメントの基本です。
うん、基本に戻って、もう一度コツコツと作業をせねば。

 

テレビをつけっぱなしにしていたら、NHKのニュースでコミケの映像が30秒ほど。

アメリカの人がインタビューに答えていました。

……夏も本番ですね。


2010/08/11 紅茶男

空はひたすら青く、雲はひたすら白く、どこにレンズを向けても
『夏』
という題の一枚が撮れそうな一日。

お仕事をしているのが、ちょっとバカらしくなりました(^^;)
こういう空が現れる時期に、夏休みというものを思いついた人は偉大です。

 

今週末はコミケ。

というわけで、いつものように修羅場っています。
主に珈琲男くんが、ですが……すまん、いつも面倒事を押し付けてしまって。


2010/08/09 紅茶男

昨晩。
ちょっと、横になろうかな、と思い、午後9時におふとんの上でうつぶせになりました。

目が覚めたのは、翌朝7時。

21:00 → 07:00
小学生の時以来の優良睡眠をしてしまった自分に愕然。

いまさらたっぷり寝たところで、もう成長する余地なんぞないというのに。


2010/08/07 紅茶男

夏コミまであと一週間。

てことで、本日は引きこもって、ちまちま作業。

そして、夜になって、外に一歩も出ずに、椅子に座り続けていることがいかに身体によろしくないかを実感。

うー、身体を動かしていない時特有のだるさが足に……
まあ、人間の身体は進化の過程上、長時間座るようには作られていないらしいので、あたりまえの結果なのだけれども。

明日は少し散歩に出るようにしよう……


2010/08/05 紅茶男

毎年、この季節になると、僕の家では岡山の農家さんから桃を買うことになっています。
で、今年はその農家さんの果樹園では「十年に一度のでき」という桃ができたとのこと。

てなわけで、本日、その桃をいただいたわけですが、たしかに、抜群の美味しさ。

個人的に、桃は丸かじりが一番おいしいとおもっているので、箱から出した桃を手に台所の洗い場に立ち、軽く水ですすいで、割れ目に軽く爪を入れ、あとは指で皮をつつっーと剥くと、皮越しでも感じられた甘い香りが一気に豊潤なものに。

歯をつきたてると同時に果汁が溢れ、桃特有の繊維を切り裂きながら果肉をかじり取り、口の中全体で味わうと……

……すいません、なんだかグルメ系のブログっぽい文章を書いてみたかったのですが、やはり無理でした(^^;)

まあ、とにかく美味しかったということで。

美味しかった、といえば、昨日の夕飯はモスバーガーにしたのですが、そこで「ラー油バーガー」(マヨネーズ抜きで注文)というやつをいただきやした。

桃屋の例のあれもそうなのですが、いわゆる「食べるラー油」の美味しさの半分は食感ですね。

うまうま、ザクサク。

まあ、ラー油もいずれ、ブームが去る時が来ると思うのですが、「次」はなにがくるのでしょうね。

辛いもの繋がりということで、ウェンディーズがなくなって以来ごぶさたの「チリ」が来る事を祈るばかり。

……こないだろうなぁ。


2010/08/03 紅茶男

毎日、空調が効いているところでお仕事をしているので、日中の暑さがどれだけ厳しかろうが関係ない生活を送っているはずなのですが、身体というのは不思議なもの。

あっさりと暑さにやられています。

んで真夏の定番である、
食欲低下 → 体力低下 → 食欲低下 → ………
の無限ループにはまりこみそうになったので、本日のお昼は、とりあえず肉を食おう、ということで、お弁当屋さんへ。

「肉で元気をつけよう」
(でも、揚げ物はちょっと)
「肉で元気をつけよう」
(でも、濃い味付けはちょっと)

という感じであれこれお店を覗き、最後の店を出た時には、どういうわけか「豆腐ハンバーグ弁当」が手に。

葛藤にどう折り合いがついた結果こうなったのか、自分でも謎です。

大豆は畑のお肉、とはいうけれども、豆は豆でしかないのに。


2010/08/01 紅茶男

いつの間にやら七月も終わり、八月に突入。

……エッ、モウ、ハチガツ?

つまり、二週間後はコミケ。
というわけで、本日は珈琲男君と打ち合わせ。

つかれれました。
ものすごい疲れました。

などと書くと、侃々諤々の議論でもしたかのように思われるかもしれませんが、打ち合わせそのものは、のんびりペース。

問題は、ファミレスで座ったお隣の席。
漏れ聞こえる言葉のどれをとっても深刻な事態をうかがわせるしんどい会話が繰り広げられており、さらにその方々がいなくなると、今度は涙を流しながらおじさんのお説教を聞く女性が……

珈琲男くんと二人、最後はぐったりとしてお店を後にしました。

いまもどうも身体の中に疲れが残っています……うーむ。