■ Daily 2008/07 ■

2008/07/31 珈琲男

…7月が終わりますね。

ヤバイですよね。
明日から8月ですよね。
コミケまであと少しですよね。

さて、逃出す算段でも始めますか(後向き

 

コスプレ居酒屋の女の子に「逃げちゃダメです!」て言われたけどw


2008/07/29 珈琲男

紅茶男に頼まれて宣伝用のポップのささらの服(?)を描き描き。

ホントはこんな感じ〜てな具合にイラストか写真を添付メールしようと考えていたのですが、どうにもピンとくるものが無かったので結局自分で描いてしまいました。

久しぶりに落書きしたのですが…いや、楽しいですね落書き。
調子にのってグリグリ描いて、端にゴリゴリ注意書きやら注文を書き連ねてしまいましたよ…。

コミケまで1ヶ月を切ってるのに、スマンね紅茶男。

 

あと、なにげにTopCGを数枚差換えてたりまします。


2008/07/27 紅茶男

三谷監督。
ほんとうに、映画が好きなんですね。

というのが昨晩、ミッドナイトで見てきた「ザ・マジックアワー」の感想。

面白い映画でしたよ。
ただ、ひらすらに、いい意味で「面白いだけ」の映画。

堅実なハッピーエンドと、極上の脚本に支えられたコメディってこんなに面白いんだ、と深夜の映画館で笑い転げていました。

出ている人も、普段は実写に興味のない僕でさえ、「豪華」と思わせる人たちばかり。

市川崑、中井貴一、唐沢寿明、山本耕史、天海祐希、鈴木京香……この人たちが、話の本筋とは関係のない(もちろん、映画の世界を完成させるには必要だけれども)脇役の方々だし。

見終わった時に、監督はフィルムを切る時に苦しかっただろうな、とふと思いました。
もし、許されるならば、十時間でも百時間でもかけて、撮ったもの、作ったものを全て作品の中に残しておきたかったのじゃないか。
そんな愛情を感じられる映画でした。

絶望先生を見たときも思ったけれども、作り手が愛する作品というのは、やはり気持ち良いです。

 

夏コミにあわせて、トップを少し差し替えました。
思いっきり製作が遅れていますが……

当日に使う宣伝用のポップに使うイラストの衣装デザインに悩んだ結果、珈琲男君に丸投げしていました。

理由はただ一つ。
「僕にデザインのセンスが無い」
ためで、本日、そのデザインが戻ってきました。

……うわっ、えぅい。


2008/07/26 紅茶男

「もうちょっと自分のマゾ値が高ければなぁ」
と休日出勤するたびに思います。

まあ、現状を楽しめたら、そこから逃げ出そうとする努力もしなくなるので、それはそれで問題なのかもしれないけれども。

 

いま、六枚ほどのCGを並行処理で作っているのだけれども、いつもと少し違う塗り方を試しているために、作業がむちゃくちゃ面白いです。
「え、お、はぁー、こういう風にやると、こう色が載るんだ……」
みたいな発見が山盛り。

味わう時間も、発展を試みる時間もないのがツライところですけれどもね。

早く作業終了までの目星をつけんと。

 

三谷監督の「ザ・マジックアワー」を見逃し損ね、そろそろ公開終了の時期に。

八月に入ったら、確実に見られない。
我が家から一番近い映画館の上映は「24:20〜26:45」の超深夜スケジュール。

……気合入れていってきます。


2008/07/24 珈琲男

日中がけっこう猛暑@関東

こんな時こそ「冷し温水」ですよ(`・ω・´)ノ

仕事帰りのお疲れ時に見かけると、冷し&癒しにメチャクチャ惹かれている自分がいたりしますw
ただただ浮かんで冷されたいですね〜。

 

あ、画像は18日の雑記を見てくれてた友人が送ってくれました。
センキュー(`・ω・´)ノ


2008/07/23 紅茶男

口を開けばグチが出る、という悪循環を断ち切るために、本日は深夜時間に一人焼肉。

大盛りご飯に、カルビとミノとレバーとホルモンとハラミとタンを焼いて、ユッケジャンスープをゴクゴク飲んで、おらぁ、コーラもう一杯、と気合を大装填。

なるほど、こうやって日本のサラリーマンはメタボへの道を転がり落ちていくのか、と妙に納得しました。
頑張ろうね、珈琲男くん(←焼肉中に、今晩は午前様帰りメールがきた)

 

しらなかったのですが、どうも対馬は韓国の領土だそうですね。
となると日本が違法に実効支配(になりますよね、その理屈からすると)しているわけですが、そこにやってきて、特製Tシャツでシュプレヒコールあげるのを見ていると、韓国の民間人は勇気があるなぁ、と感心します。
同じことができるか、と聞かれたら、目を逸らして、できません、と答えるしかありませんから僕。

どうせすぐに片付く問題でもないし、隣国という地理関係も動かしようもないもの。

互いの違いを認め合いながら、のんびり妥協点を見つけていきましょう。

 

などと書いていたら、地震発生。

また北の方か……大きな被害に結びつかなければいいのだけれども。


2008/07/20 紅茶男

ありがとうございます、珈琲男君。
温泉、気持ちよかったです。
湯上りのメロンソーダ、最高だったです。
塩やきそばと、とんかつと、焼きイカおいしゅうございました。

てなわけで、昨日は珈琲男君に泊まり仕事明けの身体を癒してもらいました。
感謝×感謝。

 

ここのところ切る機会のなかった髪も短くして、本屋で絶望先生の最新刊を買って帰宅。

例の雷句さんの小学館騒動についてなにか匂わせるようなおまけでも書いてあるかなぁ、と思い、めくった瞬間、突っ伏しました。

あー、触れるとかいうレベルと違いますね、コレ(^^;)

「おいおい、マジ語ったら、紙ブログ20巻までこの話だよ?」

ですからね。
ちなみに、紙ブログはいわゆる「あとがき」で、現在は14巻。

読み終わって、この人は本当にマガジンに移ってよかったなぁ、という気持ちに。

お仕事に当たって、職場環境って本当に大切ですね……


2008/07/18 珈琲男

( ゚Д゚)ポカーン

としまえんのポスターは毎年秀逸だと思っているのですが、今年もなかなかの出来で見かけると口をあけたまま見入ってしまいますw

 

「冷し温水」

 

すげぇキャッチコピーだ…orz

プールに浮輪で浮かんだ俳優の温水さんが、すっごい脱力した顔で漂っている駅張りポスター。
残念な事にとしまえんのサイトにはそのポスターがUPされていないらしいので、今度写メしてきます(画素悪いけど…


2008/07/17 紅茶男

現実逃避のために、そろそろ新しいフィギュアを、と思いながら、コトブキヤさんの WEB SHOP へアクセス。

商品区分はもちろん「美少女フィギュア」で、さてなにか新作は……
…………………………………………
………………………………
…………えと、すいません

ドズル・ザビとランバ・ラルって世間様では「美少女」に分類されるんでしょうか。

いや、他にもエイリアンなどがあったので、単に間違ったページに跳んでしまっただけだと思うのだけれども、数秒、マウスを持つ手が止まったもので、ちっ、できがいいなぁ、二体とも。

 

そろそろアニメのDVDもブルーレイが増えつつあるので、とりあえず再生機の購入を検討中。

見回した中で、一番安いのはPS3。
買った瞬間、当初の目的を忘れて、ゲームに走る可能性大なのが、ちと痛いところだけれども。


2008/07/16 珈琲男

ボーナスが出たら何か買わなくてはイケナイのだろうか?(´・ω・`)

などと、ぼんやり考え込んでしまったりしています。
いや、長くフリーターしていたものですから、いまいちボーナスの使い方が分っていなくて…。

なので、ちょいとマンガを数冊購入。

「ジオブリーダーズ」14巻 伊藤明弘
まさかミグ25事件が絡んでくるとは思わなんだw
現役神楽のお気楽吶喊が見られなくて、ちと残念。

「鬼燈の島」1巻 三部けい
三部さんの新しいマンガは出ないのかなぁと思って本屋をうろついていたら、見つけてしまいましたよ。
作者さん曰くサバイバルサスペンスホラーみたいなミステリなマンガらしいです。
個人的には三部さんのギャグが好きなのですが(マニアックなw

「少女マテリアル」 鳴子ハナハル
ハナハルさんの18禁エロマンガ。
元々エロマンガ家さん出発なのに初単行本という凄さ。
何故?
数ページのカラーイラストが多いから?
ハナハルさんのマンガが好きな理由は、おそらくペンによる書き込み量が多いところかと思います。
ぐりぐり書き込みされているマンガ好きです。

「メタルヘッド エクストリーム」
工エエエエェェ(;゚Д゚)ェェエエエエ
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) メ メタルヘッドが出ていますよ!?
…テーブルトークロールプレイングゲーム(TRPG)のルールブック本です。
西暦2170年のSFサイバーパンクRPGで、18年前の初版シリーズから数えて3冊目のルールブックです。
当時からあらゆるSF要素(電脳、サイボーグ、パワードスーツetc)が取り入れられていて、かなり珈琲男好みなゲーム。
昔に比べるとゲームが簡略化されていて、遊びやすくなっているのかもしれないですが、オイラの楽しみ方はデータカタログを眺めて読んで妄想するというものなので、ちょっと申し訳ないかもw


2008/07/15 紅茶男

「飲んでも死ぬ、飲まなくても死ぬ。
 同じ死ぬなら、飲まないのはもったいない」

「吸っても死ぬ、吸わなくても死ぬ。
 同じ死ぬなら、吸った方が楽しい」

前者はロシアの諺だそうで、「飲む」は当然ウォッカのこと。
後者は僕の親父さんの言葉で、「吸う」は当然タバコのこと。

てなわけで、所詮は過程を無視した結果論なわけですから別に賛成しようとは思わないのですが、時々、この理屈を持ち出しそうになることがあります。

同じ文句を言われるのなら、竹島の件、もっとどぎつい表現にすればよかったのに、とか。
少なくとも、そうすれば、国内の人たちにはいい顔をできたわけだし。

……というか、さっさと、国際司法裁判所に持ち込んで解決にもっていったほうが、お互いのためだと思うんだけれどもなぁ。

ちなみに、僕自身は国際司法裁判所に持ち込んだところで絶対に勝てるなどとは思っていません。
新聞での竹島(独島)の解説を読む限り、判決がどちらに出るかは五分五分といった感じで、実効支配をしている分、韓国側が有利かな、というのが素直な感想だし。

いずれにせよ、ご近所だからこそ、あれこれとトラブルが起きるのは仕方のないこと。

片付けるつもりなら、さっさと片付けるべきだし、永遠に棚上げするのならば、それなりのしたたかさをもって両国政府は事態の収拾に望んでもらいたいです。

……国民感情というのは無視してはいけないけれども、それに乗っかると降りられなくなるものだし。


2008/07/14 珈琲男

紅茶男からメールが

「職場の空調が切れた…」

どうやら21時で終了なシステムらしいです。
彼の職場はエコと騒がれる前からエコライフしてます。

え〜と、まぁ、オイラはクーラーをつけて我が家のお稲荷様を見ながら、夕飯を食べていたわけでだが、心の中でキミを応援していたぞ。
デザートのみかんゼリーを食べ終わった後ぐらいに…。

 

紅茶男に業務連絡

牛タンはオイラよりキミのボーナスが少なかったら可。


2008/07/12 紅茶男

土日を休みにするために仕事を片付ける
  → 新しい仕事が入る

というスパイラルに木曜日から巻き込まれていて、なんだかなぁ、な状態。

……まさか、土日の両方が潰されるとは思わなかった。
何回も
「僕は夏にあるマンガのお祭りに向けて忙しいんです!」
と説明しているのに。

 

珈琲男くんに業務連絡。

「ボーナス入りましたよ!牛タン食べましょ!」攻撃の第二陣、お待ちしてます。


2008/07/10 珈琲男

長尺靴下娘さんがお仕事で東京に来られたので、二人して牛タン食いながら一杯呑んできました。

なんですかね、さすがにいい年になってきているのでオタク話以外の話がメインでしたよ。

 

ちなみに紅茶男は残業後にメールに気が付いたそうで、結局不参加さん。
オイラの「ボーナス入りましたよ!牛タン食べましょ!」攻撃を見事に回避してくれやがりましたw


2008/07/09 紅茶男

「これが潜水艦だ」 (中村秀樹:光人者NF文庫)

という本がえらく面白くて、買ってから二回ほど読み返しています。

元海上自衛隊の館長さんが書いているだけに、潜水艦の艦内生活や任務はもちろん、海軍の役割といったところにまで触れてくれるので、 一冊読んだだけでなにやらやたらと知識を食べたような気持ちになります。

まあ、単に、僕の軍事知識が少なすぎだからだと思うけれども。

物事を大枠で把握させてから、詳細な点について書いてくれているので、ものすごく読みやすいです。
軍事に詳しい人には物足りないかもしれないけれども、とりあえず僕みたいな
「非対称戦略ってなんですか」
というレベルの人なら面白く読めるかと。

本当ならば直後に、海上艦に乗っていたから見た潜水艦の本を読んで頭バランスをとるべきなのだろうけれどもの、本を探すのが面倒なので、後回し中。

てなわけで、いまのところ紅茶男の頭の中では
「潜水艦=最強」
な感じになっています。

いや、本当に。

読み終わった後は、潜水艦を沈めるのって不可能なんじゃないか、という気持ちになるし。

 

という状態なため、ふと思いついて、いままで見ることのなかった海上自衛隊のホームページを……

………………………………えと、
………………………その、

トップページにある新着情報の半分以上が、
「本日のレシピ」
というのは、やはりつっこむところなんでしょうか。
しかも、本当に実用的なお料理の作り方だし、というかカレーのレシピが充実しすぎ、さすが海上自衛隊。

一瞬、なんだかなぁ、と思ったものの、すぐに、これは中国語とハングル語のページも作った方がいいんじゃないか、という気持ちに。
領土的な野心を持つ侵略的な国家の海軍はこないな感じですよ、というアピールにこれ以上のものはないと思うので。


2008/07/07 珈琲男

先週いっぱいまで長袖Tシャツを着ていました@東京

て、もう夏じゃんっ!?
TシャツでいいじゃんっΣΣ(゚д゚lll)ガガーン

老化が始まっているおかげか、窓の無い職場で働いているおかげか分りませんが、年々暑さに鈍感になっている気がする…。

 

で、なんか夏アニメが始まっているらしいですが全く分らないので、今まで見ていたアニメの話などを。

我が家のお稲荷さま。
終わっちゃうのかな〜と思っていたら、まだ続くみたいで嬉しいです。
主人公を好きな女子高生が可愛くてしょうがないです。
応援してあげたくなりますよw

仮面のメイドガイ
とてもよく出来たバカなアニメで面白かったです。
出来れば続いて欲しかった…。

BLASSREITER
もう終わるんだろうなぁ〜と思っていたら終わらなかったアニメ。
NITRO+だから、お決まりの後半戦展開てヤツですかね。
出来れば「ラスボスさん、実はイイ人だった」展開は勘弁してほしいストーリー。
悪いヤツはとことん悪くないと!

マクロス FRONTIER
未だに録画のみ(ある意味スゴイね、オイラ…

ソウルイーター
まとめて13話まで見ました。
オイラ好みなんだろうなぁと思っていたら、ホントにばっちしオイラ好みの絵とストーリーとキャラ!!
特に主役男子3人組のバカっぷりは(`・ω・´)b
出来れば1年くらいこのバカっぷりで続けて欲しいです。
ちなみに紅茶男いうところのヒロインの中の人の新人さんぷりは、逆にツボに感じてしまったのはオイラの他にもいるとみた!!


2008/07/06 紅茶男

昨日。

ここのところ毎週のように土曜日を潰してくれたお仕事にとどめをさし、いい気分で地下鉄で秋葉原へ向かっている途中、乗り込んできたおねえちゃんが、僕の右斜め前に。

ショートスタイルのパンツから伸びた美脚がどーん!
思わず視線を上にずらすと、ぴっち@ぴちのシャツが浮かび上がらせる胸のラインがばいーん!

こ、これは男としてあと三駅分の時間こちらに集中しなければ、と思った途端、こんどは左斜め前に来たおじさんが、カバーつきのマンガ本をオープン。
一瞬、そちらへと視線を流したのが失敗で、そのタイトルも作者もわからないマンガが気になり、盗み見しているうちに目的駅に到着。

おねえちゃんのことを思い出したのは、駅のエレベーターに乗ってからでした。

んで、本日。

昨日、秋葉原にて、
「こ、これは参考資料だからさ」
と自分に言い訳しながら買ったグラビアアイドルさんのDVD販売イベント(トーク・握手・水着姿の撮影会)があるため、朝の目覚めと共に、鞄の中にイベントの参加券、デジカメなどを放り込み、出発時間を確認。

イベント自体は秋葉原で午後開始なので、それまでは夏コミの準備を、というわけで、机に向かって鉛筆とシャーペンとトレース台を使い、自分の妄想を紙にぶつけること数時間。

時計を見たら、既にイベント開始の三十分前でした。
ちなみに、家から会場までは一時間。

以上。

  二次元 >>>> 現実の女性
だと、いかにアイタタッッな人生を送るか、というお話。

皆さん。
ちゃんと現実を優先順位第一位にもってきましょうね。

 

てなわけで今日は引きこもって夏コミ用の原画作り。

一番、創造性というやつが要求されるので、僕にとっては一番苦手な作業です。
……本来は、なにかを作ろうとする人にとっては一番楽しい作業のはずなんですけれどもね。

来週ぐらいから、なにかぽちぽち公開できたらいいなぁ。


2008/07/04 紅茶男

マクロスFの第12話「ファステスト・デリバリー」について。

「……だから、ゼントラーディ人は戦いを目的に作られた種族なの。
その彼らが、人類との戦いにおいて、文化に、より具体的には歌に触れることによって、心を持ち、融和する、というのが初代マクロスの話なの。
わかる?
わかるよね。
お願いだからわかって!」

以上、本日のお昼休みに、上記の話を見た女の子が、
「あれって、アイドル・オタクの軍隊が、女の子の手玉に取られる話ですよね」
と言い放ったことへの反論。

うん、まあ、確かにそうとしか見えない話だったけれども。
ランカのゲリラ・コンサートにゼントラーディの兵士が鼻血を拭いて倒れるシーンでは僕もげらげらわらっちゃったし。

 

夏アニメ。

「魔法遣いにたいせつなこと 〜夏のソラ〜」を五分ほど見て、思わず目をパチパチ。

あれ、これって映画……?

と思ってしまったほどのクオリティでした、背景が。
おそらく、写真を加工しているのだと思うけれども(次回予告では、仕事場のそばにある蕎麦屋のカットが見えたし)、その処理が絶妙で、ギリギリのところで「アニメの背景」になっています。

すごい。
一般的な技法なのかな。どいういう機器があればできるんだろう。何かの処理ソフトに通せばいいだけなのかな。だったら、深夜アニメの質が一気に向上するかも……という偏ったワクワク感はさておいて、丁寧に、ひたすら丁寧に作られた第一話でした。

主人公が旅立つ一日をゆっくりと追い、構図も映画並みにロングからの視界を多様。
画面の中には世界が存在している、というのを強く印象づけられました、すごいぞ。

舞台は美瑛から東京に移るけれども、今後もこのレベルが維持されるのかとてもどきどき。

がんばってください! スタッフの方々!


2008/07/03 紅茶男

縦割りの弊害は金から指摘されているところです。

例え、組織が違っていても同じ分野を扱うもの同士、互いに連絡を取り合い適宜調整を行うことが、消費者の、最終的には売り手側の利益につながることである、と信じています。

なんの話かというと、深夜アニメの時間が重なるのは困るぜ、ということなんですけれどもね(^^;)

うぅ、今晩の「西洋骨董菓子店」と「ひだまりスケッチ×365」が重なっているぅ。
どっちも見たいのに。
どっちも撮っておきたいのに。

てなわけで、夏アニメに突入する前に春アニメの感想……とはいっても、1クール作品で見たのは「図書館戦争」だけという惨状でしたが(とりあえず完結していない「マクロスF」と「ソウルイーター」は除外)。

で、図書館戦争。

いい意味で「手堅い作り」のアニメだったと思います。

せっかく銃撃戦があるのだから、もうちょっと……と思いましたが、べつにそこを主眼に置いた作品ではないし、そもそも「ノイタミナ」はアニメが好きな人、ではなく、あの時間にテレビを見ている人に向けての枠であると思っているので、 主人公=郁の成長と恋愛に絞って表現したのは正解だったのではないかと。
個人的にはもうちょっと政治の部分……もう少し言えば、思想・表現の自由、というやつが前に出てきて欲しかったですが。

とりあえず、原作は買うつもり。
アニメからのポロロッカですね。

……買った後で、感想がどう変化するか、ちと不安だけれども。


2008/07/02 紅茶男

携帯電話を家に置き忘れました。

というあたりから本日の不幸は始まっていたらしく、日中もいろいろなことが重なり、挙句の果てに、帰りの電車に乗るためにホームに立つと電車は事故のため遅延状態とのアナウンスが。

迂回ルートが放送されていたので、それにしたがって後楽園に向かうと、野球観戦が終わった人たちとぶつかり、結局いつもの倍の時間をかけて帰宅。

そして机の上に置きっぱなしにしていた携帯を見ると、知り合いから風邪を引いたとのメールに続き、相方からは腰が仕事で酷使したために、あいたたぁぁっっであるという報告が……

……お祓い、してもらった方がいいのかな。

 

オリンピックが近づくにつれ、華やかな話題がテレビを飾り、どうもあれほど大騒ぎしていたチベットの問題は、
「そんなことありましたか?」
な扱いになっている感じがして、なんだかなぁ、と。

まあ、オリンピックは(建前上とはいえ)政治と無関係の催しなのだから、これはこれで正しい姿勢なのかもしれないけれども、なんとなく釈然としない思いが……


2008/07/01 珈琲男

成人識別ICカード「TASPO」が全国でスタート!

まだTASPO作っていません(`・ω・´)ノ

ニコチンが切れると、けっこうソワソワさんになるのですが、どうしてもTASPOの顔写真入りという所が解せなくて…。
要らないですよね、顔写真(´・ω・`)

だからと言って、禁煙する気は無いのでTASPO無しでタバコを買える所で買い溜めしようかと思っています。
もともとタバコが切れないように必ず2箱持ち歩く主義なので、買い溜めはそんなに苦にならないし。

でも、いずれは必要に感じるのかな〜。