■ Daily 2008/03 ■

2008/03/31 紅茶男

三月が終わります。
というか、この日記を書き始めた時点でもう終わっているのだけれども、それは脇に置いといて、三月が終わります。

皆様は、どんな一年だったでしょうか。

僕のほうは、ひたすら家と仕事場を往復していたような気がするので、来年は……などと書くと、大晦日と間違えてるのと違うか、とツッコミを入れられそうですが、その通り。

学校に通っていた時代の影響がどうも抜けることができず、いまだに僕の意識カレンダーは、四月一日に一年が始まって、三月三十一日に終わるようになっています。
年末年始は、中休み扱い。

 

とりあえず、僕にとっては新しい一年の終わりで、始まり。

今年は、もうちょっとお絵描きとか文字書きができるようになりますように。


2008/03/30 珈琲男

桜を見てきましたよ@井の頭公園

が、雨が午後から降って気温が下がるという天気予報を全く知らなかったので(((´・ω・`)))ブルブル

 

話は変わって。

昨晩は紅茶男と友人達と結婚式の2次会に参加して、幸せ過積載になっている友人(新婦)を祝福してきました。

そこでクジ運の無いオイラがなんとビンゴゲームで!

2等ディズニーペアチケットをGET(`・ω・´)b

 

…誰と行けば良いの?

ドラゴノーツのジークリンデと行ってみたい。
(自分のプロフィール通りのキャラが相変わらずお気に入り)

と、帰りの電車でぼ〜と思いついたオタクな妄想がせいいっぱい。
しかも妄想じゃペアチケットは宝の持ち腐れ。

 

ここは一発ネタの為に紅茶男と逝っておきますか!

…大事な何かが逝ってしまいそうなので、やはり却下で(チキン


2008/03/28 紅茶男

梅、桜、金木犀に銀杏の実。

というのが、僕にとって季節の訪れを感じることのできる香り。
他の花や木々もそれ相応の香りがあると思うのだけれども、自分の身の回りにはこのくらいしかないので。

夜、触れるように匂ってくる香りに会うことができるのは自転車の特権。
この時ばかりは、駅までの自転車通勤が気持ちよくなります。

それ以外は、めんどい、の一言だけれども。

 

本日、不意に夜桜が見たくなったので、仕事を早めに切り上げ、赤坂のインターコンチネンタルホテルの裏にある「桜坂」というところへ見物に。

……ふと思ったのだけども、桜坂、てどこにでもありそうな名前ですよね。
坂に桜が咲いていればいいんだし。

圧倒的な数の桜が……といいたいところだけれども、実態は百メートル程度の道の両側に桜が植えてあるというもの。
ただし、坂という高低差と、短い間隔で設けられた三つのカーブが不思議な閉塞と立体感を生み出し、桜で出来た箱庭の迷い込んだような気持ちに慣れます。

歩道橋からは、睫毛が触れる距離で桜を見ることができるし。

難点は、カップルが多いこと。
心がささくれている時に行くと、携帯のカメラで記念撮影を行って歩道をふさぐバカ二人組みを後ろから蹴倒したくなるのでご注意を。

(※上記は一般的な感想の一部を抽出したものですが、紅茶男の主観でもあります。)

妙にテンションが上がったので、続いて千鳥ヶ淵に直行。

九段下の駅から出口を目指すと凄まじい数の人が向こうから波をつくってやってきたため、「しまった、めちゃ混みか」と思ったものの、それがすぐそばの武道館からの流れであったことがすぐに判明。
ほっと息をついて列に加わり、毎年、詣でている桜の回廊へ。

千鳥ヶ淵の桜の特徴は、水辺と彼岸。
自分の周囲と武道館側に咲いている桜が水面に映り、そこに様々な色の光が加えられることで、ちょっとアブナイ薬を飲んだような気分になれます。
いや、本当に。

今年の一押しは、最奥部の紫とピンクの中間色によるライトアップ。

本来、幻想感を強調する夜桜のライトアップの趣旨に反するあの艶かしさは必見。
……一箇所だけ、しかも最後のに設けている辺り、そこに目を奪われるというのは、企画者の意図に気持ちよく乗せられているようで、口惜しいですが。

その後、ついでもあって、宴会モードに突入中の靖国神社にふらりと。

戦没者を祀る境内で、酒の宴というのはいかがなものか、と眉をひそめる人もいるかもしれないけれども、個人的に、神社は共有空間だと思っているので、僕としてはなんだかほっとします。

靖国参拝を声高に取り上げる国も、こういう画を取り上げてくれればいいのに。
軍国主義を推し進める国であれば、英霊が眠る場所で宴会を開くことなんて認めないと思うんだけれどもなぁ。


2008/03/26 紅茶男

先週までそっけなさの極致にいた桜が、満開に向けて全力疾走中。

一年に一週間ほどしか花をつけない、というのは明らかに怠け者だと思うのだけれども、口惜しいことに大好き。

この気持ち、何かに似ているなぁ、と思い、しばし考えたところで手をポン、と。

ツンデレだ。

 

本日、先月から休日を奪い続けてくれたお仕事が峠越し。
まだまだやること残っているけれども、週一回の休みが確保できたので、気持ちホクホク。

とりあえず、週末は桜を見に行って、あとなによりもエロ絵を、と思い紙に下書きを。

……なんですかね、この珍妙な生き物わ。
あー、はよ右手をエロ絵描き用に調教しなおさんと。


2008/03/25 珈琲男

小説「ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹」西尾維新

戯言遣いの前に次々と現れる奇特な人々!
そして今回も魅力的なキャラがさっくりとあの世逝き!!

なんか話が勝手に流れ流れて終わっちゃったような気もしますが、それも今回の話にはあっているような気も。
うぬぬ?

面白かったんですけどね。

 

上井草駅前にガンダムが起ったらしいです

まだ、見ていませんが余裕でチャリンコ圏内。
さすがアニメスタジオ日本一集中地帯杉並区…恐るべき我が地元。


2008/03/23 紅茶男

今日は仕事場に行かんでもいい。
ということで気が緩んだのか、体調がだだ崩れの一日。

 

というわけで、今日はベッドで一日横になりながら、枕もとのノートパソコンで、昨日買った「絶望先生」のDJCDを再生したり、WEBラジオのページに行ったり、 ドラマCDを聴いたり、DVDを見たり、と絶望漬けな一日。

ちなみに、これらのものと一緒に単行本の紙ブログ(あとがき)を読むと、
久米田先生が、声優さんのライブに花束を持っていった、とか
絶望少女隊の人たちとごはんを食べに行った、とか、
アフレコ現場にケーキを差し入れした、
などという情報に胸が熱くなります。

ああ、よかった、人付き合いしているんだ、と。
いや、本当に。

 

僕が家と仕事場と往復している間にチベットがえらいことになっていたらしく、新聞をまとめ読みして陰鬱な気持ちに。

かつて、安保闘争というのが吹き荒れた時代に、鎮圧する側として機動隊の指揮を行っていた佐々淳行さんの本にあったと思うのだけれども、当時受けた命令は、
「デモ隊から死者を出さないこと」
だったとのこと。

国家機関は国民を守るためにあるから、自国民を殺すような行為は言語道断……などというキレイな理由ではなく、死者が出た場合はその者たちが英雄となり、その遺影を旗印に騒乱は拡大し続ける 、という冷静に現実を見据えたためだったのですが、時代が過ぎ去ってみれば、上手い判断だったなぁ、と(安保闘争の是非ではなく、鎮圧の手段として、ですが)。

さて、チベット。

現在は完全に情報が封鎖されていて、「なにかが起こっているけれども、なにが起こっているのかはわからない」状態ですが、オリンピックを抱えている以上、いつまでもそのままにしておくことはないだろうな、と。

当然、開催前に終息宣言を出したいところなのだろうけれども、そうなれば「安全になった場所」に海外のマスメディアが入ることを禁止する論拠がなくなるわけで、
でも、中国共産党の支配が及ばない人たちに、現地の人たちが、
「あれは一部の暴徒が起こした騒乱で、人民軍は我々を守るためにがんばってくれた」
などと口を揃えて賞賛することなどないわけで、
とはいえ、オリンピックが「平和の祭典」という建前を持つ以上……
などと考えると、どんな落としどころを作るつもりなんだろう、と。

情報統制と弾圧。
同じ事を過去にやって、大転落に陥った過去を持つ国の人間としては、この先のことが冗談抜きで心配です。

……それ以外にどうやってあの広大な国を存続させればいいんだ、と言われると、なにも策が浮かばないことも含めて。


2008/03/22 紅茶男

「よもや再びこの場所に踏み入れることになろうとは……」

と悪役めいた台詞と共に、十年以上足を向けることすらなかった建物へ一歩を踏み入れました。

時刻は午後5時40分。
場所は東池袋のサンシャインビルの麓。

そう。

ア○メイトです。

……いや、
   本日、5時に仕事が終了
     ↓
    明日は休みになることが判明
     ↓
   テンション上がる
     ↓
   毎週聞いていた絶望先生のWEBラジオのことをふと思い出す
     ↓
  「DJCDは全国のアニ○イトで好評発売中」
という思考が二秒半で頭を駆け抜けたもので。

やたらと女子率の高い店内に躊躇しつつ店内に突入し、CD売り場の階を確認し、エレベータを待たずに階段をずんずん。

で、売り場についた途端、頭の中が真っ白になりました。

なにがどこにあるのかわからん。

そらあんた、十年以上も経っていれば、始めて入る店なんだから、わからなくて当然でっしゃろ、といわれるかもしれませんが、なんというか、初めて入る店でも「オタク・レーダー」というものが働きますよね。

初めて入った本屋でも、ライトノベルのコーナーを一発で探し出したり。
初めて入ったエロゲ専門店でも、商品の配列が、メーカー毎なのかタイトル毎なのかわかったり。
初めて入った同人誌屋でも、陳列が元ネタ別なのかサークル別なのかを一発で見抜いたり。

それがまったく働きませんでした。

結局、広くもないフロアをうろうろしながらなんとか見つけ出し、会計をすませてスゴスゴ退散。

で。

もしや僕はオタクとして既に終わっているのではないか、という不安に駆られ、家とは反対へ向かう電車に飛び乗り、そのまま秋葉原に直行。
普段は使わない石○電気の SOFT1(普段は SOFT2 を利用)に入り、買うのは来週でいっかぁ、と思っていたDVDをアニメエリアに踏み込むなり一挙突進。

無事、目的のものを一発見つけ出したので一安心。
どうやらここのところ使う機会がなかったので、スキルがうまく働かなかっただけの模様。

というわけで本日の教訓。

「オタスキルは使わないと錆びる」

 

明日は久々のお休み。

昼過ぎまで爆睡して、頭が働く頃には一日が終わっていた、ということにならなければ、いいんだけれども……


2008/03/20 春分の日 珈琲男

覚えていますか?
昨年の春分の日は3月21日だった事を。

なんか、うるう年がある年と翌年は21日で、その後の2年は20日。
それが交互に来るそうです(参照:Wikipedia)

 

30数年生きていて、初めて気がつきました。
しかも、キルギス人に指摘されて…orz


2008/03/18 珈琲男

アメリカのサブプライムローン問題の世界的損失額が約78兆円にもなりそうな気配だとか。

しかし78兆円と言われても正直「ふ〜ん」て感じ。

1000億円が780個と言われると「そいつはスゲェなっΣ(゚Д゚;≡;゚д゚) 」
になるんですけどね。
THE小市民ですよ。

 

ただいま「ひぐらしのなく頃に 解」を見ております。
こんな形でオヤシロ様が大活躍するとは予想外。
てか、オヤシロ様そのものが予想外なお姿だった…orz


2008/03/15 珈琲男

日差しがかなり暖かくなってきましたよ@東京

だからという訳では無いのですが、今日は色々と散財。
帰ってきてからΣΣ(゚д゚lll)ガガーンとなるぐらい財布が軽く。

途中で気づこうよ、オイラ…orz

 

「銃夢 LastOrder」11巻 木城ゆきと
食欲!
性欲!
破壊衝動!
リビドー原理の怪物アノーマリーには参りました。
まさか銃夢で巨大チ○ポが出てくるとは思わなんだ。
でも、なんか芸術的デザインに見えるのは単純過ぎ?

「バイオメガ」4巻 二瓶勉
予測不能なSF展開に(゚Д゚;三;゚Д゚)エ、チョチョット、ナニガオキテルノ?
ナレイン将軍が実はハンサムさんでビックリですよ。

パンプキンシザーズ オフィシャルファンブック」
設定資料集が完売らしいので、その代用に…ちと物足りないですが。
銃と剣が混在しているあたりの時代設定に弱いのですよ。

「バトルガール」 伊藤明弘
女の子+ゾンビ+強化服+伊藤明弘( ̄□ ̄;)!!
こんなマンガがあったなんて…。
90年代始めの作品らしく、さすがにレトロ感がw

 

ところで、うちのサイトを見るとかなりの確立で「ターンエンド(血飛沫)!!」のランダムTopCGが表示されるのは何かの呪いですかね?
いや、描いたのはオイラなんですが…。


2008/03/13 紅茶男

友達がパパになりました。
とだけ書くと、若い愛人でもできたのか、と誤解されるおそれがあるので、もうちょっと詳しく説明すると、第一子誕生。

おめでとう〜!

女の子だということなので、いずれその友達が、
「最近、娘が一緒にお風呂に入るのを嫌がるんだ……」
と、深刻な顔で幸せな悩みを語る日が来るのがいまから楽しみです、幸せ者め。

 

本来ならば、今月はちゃんとオタク生活を満喫している予定だったのだけれども、どういうわけか、先月始まった仕事人間生活が継続中の状態。
仕事好きな人間にはたまらないのだろうけれども、今年に入ってから、まだ一本もエロゲをインストールできていない僕には、鬱屈の日々が続いております。

あと、アニメの消費時間が、週に一時間しかないのも、かなりの痛手。
電車の中で浸ることのできる本系のみがいまの僕を支えています。

そんな中。

たまにするのが、珈琲男くんと、携帯のメールで、「俗・さよなら絶望先生」のことについてやりとり。

最近の話題は声優さん関係のことが多いのだけれども、
「○○の演技は上手い」
とか、
「××の声には幅がない」
などといった玄人的なものではなく、
「○○役の××さんって、△△のアニメでは、□□の声をやっているぞ」
「すっげー」
と、スタッフロールに興味を持ち始めた中学生レベルのやりとり。

さすがに、三十を超えたおっさん二人がそのレベルでいるのもきまりが悪いので、一歩上のネタを仕入れるべく、Yahoo! 様に
[絶望先生 声優]
と打ち込んで検索開始。

結果。

なぜかYahoo! 様から、
「絶望先生 西友
ではありませんか、というツッコミが。

……その言葉の組み合わせで、いったいなにを求めろと(-_-;)

その後、リンクをめくるうちに YOU TUBE にたどり着き、めぐりめぐって「涼宮ハルヒの憂鬱」の動画を毎晩再生しているのだけれども、これはまた別の日のネタということで。

 

あと、推理小説において、主人公が解決してくれるだろう、という珈琲男くんのスタイルには激しく同意。

探偵小説は楽しめても、推理小説はダメなんですよね。
エラリー・クイーンも挫折したし……


2008/03/12 珈琲男

小説「サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄」 西尾維新

捻くれ者の戯言遣いが珍しく体を張って事件を自分に都合良く解決!
を読み終えましたよ。

今回は珍しく犯人の予想が的中(`・ω・´)ノ

ちなみに推理じゃなくて予想。
具体的な犯行方法や動機はそっちのけで「こんな感じにこんな方法でこんな展開だから、こいつが犯人!」というような。

でも、1冊目のクビキリサイクルと似た所もあったし、途中途中に暗示するような個所もあったような気もするので、意外と分り易い方だったのかも。
オイラが予想できるぐらいだからw

そもそも推理モノって推理しながら読まないんですよね。
主人公が解決してくれるでしょ。て感じに(他力本願人生主義

 

今回は電車だけで読むルールから外れて、喫茶店で珈琲片手に読んでしまったので、いつもより早めに読み終えてしまった…。


2008/03/10 珈琲男

絶望したっ! iPod nanoに絶望したっ!!

 

日曜日にiPod nanoを買う気満々でヨドバシに行ったのですが。

Win2000には非対応。
と門前払いされてしまいました…(つД`)

さすがアップル。
相変わらずの昔のOSは切り捨て御免商法。
ええ、MAC使っていた時に散々苦渋を味わっておりますから、いいですよ。

てか、さすがに8年前のWin2000は古参か…。
売り切れて無くなる前にXPを1台買っておくかな…紅茶男もXP購入を考えているみたいだし。
Vistaはメモリを喰い過ぎな感があるのでパスしたいし。

 

で、iPod nanoの代わりにフロイラインリボルテックのアスカを購入。
ヨドバシポイントで(`・ω・´)ノ

右肘が速攻もげた。
スカスカのプラプラ(´・ω・`)ショボーン

まぁ、こんなん接着剤でつけちゃえばいいだけなので問題無し。

プリンタの上にいる羽付き量産型使途くんとバトルしてるディスプレイにでもしようかと思案中です。


2008/03/08 紅茶男

なんだか気付いてみたら、三月に突入していました。

三月、それは素晴らしい季節。
どのくらい素晴らしいかというと、杉が浮かれまくって花粉を飛ばしまくるくらい(-_-;)

……もうちょっと手加減してくれないかなぁ。

 

さて、三月。

春も近づくと、人間、頭の働きが活発になるようで、新聞を読むと、地球温暖化対策テレビの深夜放送を自粛を検討すべきではないか、という議論が与党の中で出ているとの事。

NHKに対してだけならともかく、民放を含むマスメディアに対して、立法権を持つ権力者側が「自粛」というのは日本語として使う言葉がおかしくないかい、とか、 だいたい、それを行ったところで、どれほど二酸化炭素の抑制につながるのか、というツッコミはさておき、僕にとって重要なのは、深夜放送がアニメをたっぷりと含んでいること。

深夜アニメ。
現在の僕の半分を構成しているものです。

というわけで、
冗談じゃねえや、反対だ反対!
と言いたいところなのだけれども、なんといってもこれは地球温暖化対策。

実際のところ、専門家の間でも、この現象は、「人間の活動によるもの」(だから二酸化炭素の排出量を規制)と「地球の環境変化の一環」(だから産業活動に制限なんか課さないよ)に分かれており、 どちらの説も確定的なところまではいっていないようですが、僕自身の立場は「人間の活動によるもの」(だから二酸化炭素の排出量を規制)に一票というところ。

論理の帰結として、深夜アニメが見られなくなるからぁ、という個人的な利益を守るためだけの理由ではなんとも反対しにくいし、するべきではないんだろうなぁ、と。

なにはなくとも、人類の生息環境を守るため。
深夜アニメは我慢します。

……もちろん、文句を口に出さないだけで、内心は罵倒しまくりですけれども。

あと、深夜放送をやめたところで、実際にどの程度の二酸化炭素量が削減されるのか疑問だ、というのはまさにその通りだと思うけれども、 実際に生活に絡んでくる部分に規制を加えるというのは、問題を実感させる、とういうのが目的の一つであるのなら、悪どいながらも上手いやり方だと思うので、それを考え付いた人には素直に拍手を。

もしこれが三ヶ月ほど実施された後、
「もっと節電すれば、深夜放送を復活させるよ」
と言われれば、僕だって小まめにコンセントを抜くようになるだろうし。

と、深夜放送の自粛を受け入れるべきである、と自分を無理矢理に納得させたところで、それを検討している方々に質問が一つ。

僕のお仕事場が入っているビルには、自○党の派閥の事務所が入っていて、毎週、決まった曜日に黒塗りの車がわんさか集まっています。

それから、現在はなくなってしまった議員会館そばのホテルでも、決まった曜日の朝、国会議員さんたちの集会があって、車がその周りを取り囲んでいました。

で。

その車たちが、駐停車中に、エンジンを掛けっぱなしにしているのはどういうわけなんでしょうか?

べつに、それらの車のアイドリングを止めたところで、環境が劇的に変化するなどとは思っていないけれども、本人たちがなんの努力もせずに、素直に国民が従うと考えている程度の人たちが言っても説得力がない、 という程度のことは理解して欲しいんだけれども……


2008/03/05 珈琲男

小説「サイコロジカル(上)〜兎吊木垓輔の戯言殺し〜」西尾維新
を読み終えました。

1冊丸ごと導入部。
最後の章が「今更の始まり」だしw

さてさて、今から下巻が楽しみですよ。

でも、電車の中でしか読まない自分ルール。


2008/03/02 珈琲男

ルンバ、ルンバ、ルンバ、ルンバ、ルンバ、ルンバ♪
ルンバ、ルンバ、ルンバ、ルンバ、ルンバ、ルンバ♪
ルンバ、ルンバ、ルンバ、ルンバ、ルンバ、ルンバ♪
ルンバ、ルンバ、ルンバ、ルンバ、ルンバ、ルンバ♪

くっ、【俗・】さよなら絶望先生のOP「空想ルンバ」が耳から離れない。

可符香役の野中藍さんの声がこんなに可愛くて心地好いとは…。
リピートで聞きすぎだ、オイラ(バカですか?

あ、EDの「マリオネット」もリピートしてます(バカ追加で!

それにしても、大槻ケンヂとROLLY、絶望少女達。
バンドブームのカルトロッカーと萌え声のコラボ。

なんなんだ、このオイラ狙いなOPとEDはっΣΣ(゚д゚lll)ガガーン

幸せ。
(スタッフの中に確信犯がいると確信しています)

 

NEW! 更新
■ Fan Art ■
□ of さよなら絶望先生 □
「こもりきり」
紅茶男と珈琲男、2人して絶望先生に夢中。

あとTopCGのランダム絵を3枚ほど差換え。


2008/03/01 珈琲男

暇ですよ…。
久方に土曜日がまるまる休みになると、何をしたらいいのか…。

部屋の片付けとか、 部屋の片付けとか、てか部屋を片付けろ!とかはあるのですが、せっかくの土曜の休日なのでパス。

んで、夕方になってジョニー・デップとティム・バートンの映画をまだ見ていない事を思い出し、吉祥寺に。

上映終了しているじゃん…。

 

悔しいので反対方向の大泉学園の映画館でレイトショーを見に今から行ってきますですよ!!

PM21:00 チャリンコでな!

 

AM02:30 ただいま(`・ω・´)ノ

映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
ジョニー・デップ唄いまくりのゴシックサスペンス?
ティム・バートン監督お得意の悪趣味映像に思わず苦笑。
19世紀、ヨーロッパの暗い街並、血と狂気。
まったくもってオイラ好みでしたよ(`・ω・´)b

ミュージカル仕立ての映画は得意じゃないんだけど、元々舞台の作品だし…まぁ、ねぇ、それはそれ。て事で(何が?

だけど紅茶男が都合が悪くて来れなかったのは正解。
まったくもって彼の苦手要素が詰まった映画だったので。

そんで映画の後に紅茶男と真夜中のお茶会。
【俗・】さよなら絶望先生を熱く語り合ってきて、サイトの事を話し合ってくるのを忘れてきました…。