■ Daily 2007/10 ■

2007/10/31 珈琲男

夏までは週10本前後のアニメを見ようとして見事に破綻しました。
その反動で、秋の新番組は全くもってノーチェック。

ただHDDビデオの解除していなかった録画予約に灼眼のシャナが録画されていたので、とりあえず見ています。
前作を見ていなんですけどね。

なんでチビッ子に世界を任せるかね?

などと、つまらない感想を持ちつつも

うおっ、ツンデレがキツイなΣΣ(゚д゚lll)ガガーン
とか
うおっ、修羅場がキツイな((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
などと
けっこう楽しんでもいます。


2007/10/29 珈琲男

早朝CG更新中(6時前ですよ

 

NEW! 更新
■ Adult Fan Art ■
□ of DOA □
「あやね隷記 -衣装遊び:女学生-」


2007/10/27 紅茶男

朝刊で、NOVAの会社更生法の記事を読み、
「一年前には考えもしなかったなぁ」
とつぶやいたら、テレビを見ていた親が一言。

「亀田兄弟もそうだよね」

確かに(^^;)
どちらも以前からあれこれ言われていたけれども、ここまで凋落するとわ。

なかなか、未来予知いうのは難しいものですね。

 

台風のため、本日は引きこもりの日。

買ったばかりのタブレットをあれこれいじりまわしてCGに挑戦しているものの、思い通りに動かせず、ペンを放り投げそうなイライラ感がつのるばかり。

まったく使えなければいいのだけれども、そうでない辺りが、更にイラつきます(^^;)
こう、微妙に配列の違うキーボードをいじくっている感じ。

……なんでこんなものを扱える人がおるんだろう。

 

台風が去る方向に進んでくれて、ほっと一安心。

さて、明日のお仕事がんばるぞー!


2007/10/26 紅茶男

週末だし、ちょっとお夕飯の場所を変えようかな、と途中下車してお気に入りの定食屋さんに。
大きなテーブルの端に座って、丼を抱え込んでいると横に大学生らしきグループがきて、そのうちの一人が注文に際して熱弁を。

「俺は、他人と同じものは食べたくない」
「俺は、他人と同じ趣味は持たない」
「俺は、他人と同じ生き方はしない」

口に出せる辺りが若さやなぁ(^^;)
封印済みの昔の自分を見てしまったみたいで、笑いをこらえるのが大変でした。

 

アニメ版の「もやしもん」が、ちょっと足取りが速くて不満。

いや、単に原作で自分が好きなギャグのシーンがカットされていたなんだけれども、やっぱり好きな作品のアニメ化というのはどうでもいい細かい部分が気になるものだな、と苦笑。

とはいえ、オープニングは「さすが、ノイタミナ!」の一言。

菌たちがものすごく可愛ええo(^-^)o
興味のない人であっても、チャンネルを変えている最中に当たったら、そのまま見てしまうんじゃないかなぁ、と思うほど。

……なんとか僕の好きなテンポになってくれますように。

 

2007/10/26 珈琲男

10年近く愛用しているZIPPOライターの部品をオイル交換の時に紛失してしまいました…(つД`)

弟からの誕生日プレゼントだったのに…orz

 

とりあえず母校のマークの入ったZIPPOライターに世代交代(`・ω・´)ノ


2007/10/24 紅茶男

僕の応援する野球チームがクライマックス・シリーズで悪夢の三連敗をくらった衝撃から、ようやく立ち直ることができました。
というわけで、日本シリーズを前に一言。

「がんばれ、中日!日本一を勝ち取ってこい!」

…………やっぱり辛いなぁ、自分の好きなチームを負かした応援するのって(^^;)
スポーツで、終了後に敗者が勝者をたたえるシーンがあるけれども、なるほど、賞賛されるわけですね。

 

今日は久々に本屋の開いている時間に帰ることができたので、マンガや文庫や雑誌を一気買い。
うー、紙の手触りが気持ちええ。

いろいろと買ったのだけれども、真っ先に読んで、その後、しばらく沈黙してしまったのが、

○「ARIA」 11巻 (天野こずえ:BLADE COMICS)

火星の都市、ネオ・ヴェネツィアで水先案内人を目指す女の子の話で、のんびりふわふわな世界が綴られているため、あたりまえのことをすっかり忘れていましたが、この物語って、時間は閉じていないんですよね。
転換点になる巻なのかな。

あと、初めて「小説新潮」を買いました。
いや、星新一の特集をやっていたもので。

読まれている作家だとは思うけれども、それももっと読まれて欲しい人。

この人の本を小学校高学年生に一冊ずつ配ったら、日本人の読書率はもっと上がると思うのだけれども。。


2007/10/22 紅茶男

伊勢には三回ほど行ったことがあります。

そないに信心深いのか、というとそうではなく、単に、電車を乗り継いで行くことができて、現場で公共交通機関が利用できて、一人でいても飽きない、という場所を他に探すのが面倒なだけ。
実際、外宮を見て、内宮に詣でて、お土産に太閤出世餅を買って、月読神社に寄った後は、電車に乗って鳥羽水族館へ、というルートの繰り返しだし。

もちろん、いま話題の赤福も、毎回お店に寄ってその場で食べていました。

しかも、
「やっぱり、作りたては美味しいなぁ」
というコメント付きで(^^;)

てなわけで、一応、偽装に引っかかった一人だとは思うのですが、別に怒りが湧いてくることもなく、ただ、
「よう、ここまでごまか続けられたなぁ」 と感心。

というか、食品冷凍の技術は凄すぎ。

実際のところ、食べ比べるのならばともかく、それだけを出された場合、人間の舌というのはけっこう曖昧で、添えられた値段とか言葉が味を決定することがほとんど。

ただ、思うのは、疑ってもどうしようもない部分だからこそ、その部分の嘘は徹底的に糾弾されるべきだろう、と。

今回の製造日の偽装表示で赤福が潰れたとしても、それによって
「嘘はあかん」
というルールが守られる方がずっと大切だろうな、というのがニュースを見ながらの僕の考え。

美味しい名物が消えるのは哀しいけれども、次の名物を生み出せないほど、日本人のお菓子技術が枯渇しているとは思わないし。

……まあ、実際のところ、経営陣を総入れ替えすれば、信頼もそれなりに回復するだろうから、潰れることはないと思うんだけれども、その辺り、責任者の人達は認識しているのかなぁ(-_-;)


2007/10/21 紅茶男

ここのところ休みの日は爆睡モード。
ゲームを……積んであるゲームをやらんとあかんというのにぃ……

 

昨日、お仕事帰りに初めて出光美術館に行ってきました。
東京、丸の内の帝劇の上にある美術館。

ビルの一階分の広さしかない上に、昨日開かれていたのは「センガイ」(漢字だと「仙」に「涯」からさんずいを引いた文字)さんという江戸時代のお坊さんの禅画。
そないに人はこないだろう、と思っていたのですが、かなり混雑していました。

……やっぱりテレビの「日曜美術館」で紹介されたのが利いたんだろうなぁ。
僕もその一人だし(^^;)

禅画、といっても、住職さんであるセンガイさんが素人向けとして描いたものが多いので、中身は堅苦しいものではなく、くすっ、と笑ってしまいそうなものばかり。

例えば、戯画化された蛙の絵が描いてあって、その横に、
「座禅して、人が仏になれるなら」
と一文が添えてある感じ。

僕みたいな門外漢が書くのならただの皮肉だけれども、臨済宗の名僧が書いたものとなると、笑うだけでは済ませられないものがあるんでしょうけれどもね。

ちなみに、予想を上回る入館者が訪れたらしく、買おうとしていたカタログが目の前で売り切れました。
初めて見ましたわ、カタログが売り切れるというのを。

なお、出光美術館内の休憩所は皇居に面した方向にあるため、この時期、閉館直前まで粘ると、茜色の空を背景に従えた皇居を一望できるので、オススメ。

……一緒に見に行く人がいない僕にとっては、ものすごく空しい綺麗さでしたけれども。


2007/10/20 珈琲男

久方に夢を見ました。

全く知らない女の子(3次元)とルンルンに手をつないで歩く夢。

起きたらベッドの上で思わず笑ってしまいましたよ。
(;゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ / \

誰か夢診断してくれ、頼む…orz

 

そんなんもあって紅茶男と久方に裸の付き合いin温泉。

癒さないと…。
何を?
何かを!


2007/10/19 紅茶男

いろいろな意味で、「まあ、落ち着けや、僕」と自分自身に言い聞かせた一日。
面白いくらい、何事も上手くいかない一日ってあるものだなぁ、としみじみ(-_-;)

 

知らない街に電車で行くとお世話になるのが出口案内。

どの出口を使えばなにがあるのか、というあの案内はけっこう便利で、初めての駅では目的地に到達するために必ず見るし、 二回目以降も、なんとなく見て、ははぁ、ここにはこないなものがあるのか、という風に使っているのですが、本日の帰り、自分が毎日使っている最寄り駅を降りたときに、ふと気付きました。

そういえば、この駅の案内表示、まったく見てないな、と。

まあ、勝手知ったる地元駅。
いったいどこが書いてあるのかな、と満点の答案を確認するような気持ちで案内板の前で足を停止。

………………意外と、地元の事って知らないものですな(^^;)

 

明日はお仕事。

上手いところ終わらせて、帰りに美術館に寄れますように。


2007/10/17 紅茶男

「機動戦士ガンダム OO」で主人公の乗るエクシアの素早い動きに、そこかで見た覚えが、としばし記憶を検索。

5分ほどしてから思い出しました。
そうだ。こないだ見た初代タイガーマスクの動きに似ているんだ(^^;)

てな感じで、時間を作りながら、秋アニメを消化しているのですが、夏からの引き続きもあって、てんやわんや。
特に「電脳コイル」には、ドキドキしっぱなし。
なんだかえらく久しぶりです。前日から続きが気になって仕方がないアニメというのは。

あれを、自分と同じ年代の目線で見ることのできるいまの小学生が羨ましい……

 

仕事が、というか仕事場がいい感じにドタバタ状態に突入。

お休みが読めない状況になったので、しばらく更新が滞るかもしれませんが、見捨てんでくださいませm(_ _)m

……それにしても、ごはんと、アニメDVDと、マンガと、ゲームのお金を稼ぐために僕は働いているのに、手段に振り回されるのはなんだかなぁ(-_-;)

 

2007/10/17 珈琲男

ちょいさっ!

紅茶男が更新をしていないという事は、おそらくお仕事がのっぴきならない状態に陥っていて、紅茶男自身も以下略…。

という書出しを書いている間に紅茶男が更新してしまっていたりするけど気にしたら負けなので、続けます。
予想通りの状況みたいだし。

 

「神奈、頭をよくしてあげよう」文庫 大槻ケンヂ
大槻ケンヂのエッセイ。
相変わらず、スケベでバカでとても正直で笑えました。
なんだかんだいって影響を受けていますよ。
表紙が羽海野チカさんでΣ(゚Д゚)!?
相変わらず大槻ケンヂの交友範囲が謎。

「ネガティブハッピー・チェーンソーエッジ」文庫 滝本竜彦
「神奈、頭をよくしてあげよう」の中で対談されていて、大槻ケンヂの影響を受けているというので購読。
てか、発売された当初(2001年!?)から安倍さんの描いた表紙と題名が、とても気になっていた1冊なんですけどね。
面白くて、良いお話でした。
文体がどことなく大槻ケンヂに似ているような気がします。


2007/10/14 珈琲男

最近はヤンデレなる属性があるそうですね。

狂気的にテンパっちゃってる人の描写は、アニメだろうと映画だろうと男女問わずにワクワクと見入ってしまうぐらい好きです。

古くはサムライスピリッツの天草四郎時貞、首切り破沙羅。
KOFの八神庵。
ヴァンパイアシリーズのザベル。
NARUTOのオロチ丸。
ひぐらしの鳴くころにも、怖くて好きですよ。

でもデレが入るとダメ。
恋愛沙汰の末のBADENDルートフラグが見え隠れしていてダメ。
もうメンタル的にダメ。

 

リアルヤンデレさんとのお付合いは根性スキルが必須です。

 

NEW! 更新
■ Adult Fan Art ■
□ of To Heart □
「冬のための習作 」


2007/10/13 珈琲男

月に1度の休日サービス出勤スーツDay。
その帰りに見てきましたエヴァンゲリオン新劇場版

おもしろかった━━━━━ヽヽ(゚∀゚)ノノ━━━━━!!

初号機が吼えまくりで笑いました(オイラだけか?
使徒がオイラ好みの変な感じで楽しかったです。
シンジ君の中の人が上手でステキでした。
ミサトの表情が生き生きしていて、面白かったです。
画も映画していて、とっても良かったです。
碇ゲンドウが相変わらずイヤな感じで好きになれませんw

ただ残念な事がひとつだけ…。

綾波レイレイが別人に見えた(これもオイラだけかも…
巨乳になってた…。
仕草が可愛くなってた…。
なんか人間味があるんですけど…。

初めて見た時の

うわっ!中身(自分)がないっ!気持悪っΣΣ(゚д゚lll)!!

といった拒否反応が得られなかった(良かったじゃん
(綾波ファンの皆様、ゴメンなさい)

あ、ちなみに食パン咥えた元気な綾波さんは好きですよ。
あと、前の劇場版で巨大化した綾波さんは、自分のやりたい事が出来て心底嬉しそうな顔をしていたので好きです。

次は、我が人生唯一キャラ萌えしたアスカが出てくるので楽しみ!

 

ループでワープなこの世界!


2007/10/12 珈琲男

祝!
お仕事、一峰超え2号!

ご褒美は回らないお寿司屋さんでした。
久しぶりに美味しいお寿司を食べてしまいましたよ。

 

さてさて、秋のアニメ新番組が始まっていますね。
だけど何一つ情報を仕入れていないので、な〜んにも見ていなかったりしてます…。
なのでお薦めがあったら教えてください。

てか未だに録画した上半期のアニメが見終わっていない…orz

 

あと今朝、JRが乗り放題になっていてΣ(゚Д゚;≡;゚д゚) !?
どうやらメンテナンスのプログラムミスだったみたいですが、どのくらいの賠償問題になるのか気になります…たっかいんだろうなぁ。


2007/10/11 紅茶男

祝!
お仕事、一峰超え!

祝!!
絶望先生の第二期決定!

……でも、2008年新春放映って早過ぎないか。
いや、うれしいからいいんだけれども。

 

本日のお仕事場の会話。

僕 「ねえ、この仕事やった人、誰?」
僕 「え、あの人じゃないですか。ほら、昨年の末に辞めた人」
C 「そこの席に座っていた人だよね。名前、なんだっけ?」
A 「えーと、なんだっけ。たしか英文科出身だったよな」
僕 「そうそう。最期の挨拶はシェークスピアの台詞で締めて」
A 「納豆が苦手とか言っていたっけ」
C 「××さんと仲が悪かったんだよね」
A 「そうだった、そうだった。で、名前は……」
C 「…………………………」
僕 「…………………………」

人間、肝心な情報って覚えていないものですね(^^;)


2007/10/07 紅茶男

複数のキャラを一枚絵に収めるCGを作ろうとしているものの、うまいところ入らず、頭を丸抱え状態。

まず原稿用紙にCG用の画面比率と同じ枠をとって、そこから構図を決定して、キャラを配置して、うまくいかなくて、また構図を直して、ということを繰り返しているうちに、紙は消しゴムでボロボロに(-_-;)
あー、頭を使う作業は苦手だぁ。

 

秋アニメの話を一つ。

「スケッチブック」の雰囲気がけっこう素敵。

初めの五分は、
「うわっ、たるいテンポやなぁ」
と思っていたのですが、終わってみると、
「なるほど、このリズムでないと語られん物語なのか」
と妙に納得。

全然、雰囲気も設定も物語も違うのに「ARIA」に通じるものが。

心の中はけっこう忙しく動いているのに、見た目に全然反映されない主人公が妙に可愛いですね。
青春ってあんな感じだよな、と。

 

2007/10/07 珈琲男

映画エヴァンゲリオンを見た方々から「良い出来だ!」という話をよく聞くので、ちょっとレイトショーでも見ようかなと思ったのですが、

自主的休日出勤をしていたら上映時間に間に合わなかった…orz

しかも明日も明後日の仕事に備えて、自主的休日出勤します。
オレの3連休が…(つД`)

まぁ、なんか家に居てもダウナーになりそうなので返って良いのかもしれん…。

 

綾波レイレイ(オイラ的愛称)の行きつけの書店が、オイラと同じとは知りませんでしたよ。
でも、お会いした事は無いですな。


2007/10/06 紅茶男

休日もお仕事場へ。
というのは、正直あまり気乗りしないのだけれども、今日で全てが片付く、となればまた話は別。

昼ごはん抜きで一気呵成に仕上げて、満ち足りた顔でご報告。

「これで全部、終わりました。もう残っているものはないですよね」
「その……ちょっと言いにくいんだけれどもね」

…………………………………………。
…………………だいじょうぶ、がんばれ僕。

 

秋の新アニメ。

とりあえず、「新番組一覧表」のようなものに従って、録画予約を入れまくっているため、 話も設定もわからないまま見初めたのがほとんどなのですが、これが意外にドキドキしながら見ることが出来てけっこう楽しいです。

そういや、番宣も、アニメ雑誌も見ていなかった中学時代って、こんな気持ちで初回の放送を見ていたよな、と。

まあ、その分、明らかなハズレに30分を費やす可能性もあるんだけれども。

まだ2〜3本しか見ていないけれども、とりあえずガンダムの新しいやつが面白くて、なんだか悔しい気持ちでいっぱい。

オープニングを見て、
「あぁ、また複数ガンダム?しかも美形揃い?ったく、こっちは再放送の『W』を見ているんだから、もう十分だっつぅの」
という気持ちだったために、エンディングが終わったときに来週を楽しみにしている自分がいて、あー、うー。

監督が水島精二さんで、脚本は黒田洋介さんかぁ。
そら面白いよな。

 

という感じでぼーっとしながら紙に鉛筆を走らせていると、なぜかそこには、男の子同士が絡み合うH絵のラフが。

…………………………………………。
…………………だいじょうぶ、がんばれ僕。


2007/10/05 紅茶男

出資系の詐欺事件のニュースにおいて、その手口を解説されると、いったい、どこのアホたれがこんなものにひっかかるのか、と思ってしまうのだけれども、あれは、メディアがちゃんと要約をしてくれているからなんだろうなぁ、と。

実際の手口はもっと巧妙なはず。
それを思えば、その手のニュースを見て「自分はだまされん。だって頭いいもの」と思っている人の方があぶないんでしょうな。

……気をつけないとな、僕。

ちなみに、僕のじいさまは自営業というやつで食べてきた人なのですが、昔、詐欺にひっかからないための極意というのを教えてくれたことがあります。

「人間、絶対に儲かる話は、他人には話さずに独り占めにする」

裏を返せば、他人が持ってきた儲け話は信用するな、ということ。
うん、まあ、その、人間不信の増長につながる教えだから、曾孫達にはせん方がいいよ、その話(^^;)

 

2007/10/05 珈琲男

焦燥感に襲われていますよw

高い煙突の上に座っていて、下は真っ暗な暗闇だけがあるような…そんな感じ。
年に2〜3回ほど突発的にやってくるので慣れてはいるんだけどね。

まぁ、今回は原因と思われる事の心当たりもありますし。
これも心的ストレスというヤツなんですかね?

 

秋のアニメ新番組をチェックしていないのに、既に始まっている…orz


2007/10/03 紅茶男

「高い塀に囲まれた、
 古い洋館で、
 連続して起こる猟奇殺人から、
 必死こいて逃げ回る」

という夢を、一晩掛けてたっぷりと見た為、今朝の目覚めはどど疲れ状態(-_-;)
なんで、三回ほど起きて強制中断をかけたのに、律儀に続きを見せてくれるかなぁ、僕の脳は。

あれですね。
きっと、恋が必要な季節なんですね、うん。

 

最近、エロゲをやる時間がなくて、ちょっと鬱気味。
んで、その鬱原因を周囲にこぼすことができない現状というのが、さらに拍車を。

というわけで。

「最近、エロゲをやる時間がないんだ」
「そうか、それは辛いね」

という会話が日常できる人は、自分の幸福に感謝しましょう(^^;)
いや、大切なことですよ。
なにごとであれ、理解者を得ることができるというのわ。


2007/10/01 珈琲男

もう10月です。
さすがに気温も秋らしくなってきたような気がします@東京。

紅茶男が冬コミに向けて、ToHeart2の練習CGを頑張っています。
実際、冬コミまで3ヶ月間しかないですからね。

そんな中、オイラはエースコンバット0を始めていたりします。
…現実逃避は得意なのですよ。

インストールだけでもしておこう、ToHeart2。

 

NEW! 更新
■ Fan Art ■
□ of To Heart □
「柚原このみ」