■ Daily 2006/10 ■

2006/10/31 紅茶男

このサイトを置かせてもらっている「さくらインターネット」さんで、ハードディスク障害が昨晩発生したため、ここ一週間ほどのデータが吹っ飛んだそうです。

というわけで、一週間分の日記もロスト……は大した事を書いていないのだから別にいいのだけれども、BBSも同じくデータが消えてしまっています。
どちらも復旧は不可能状態。

特に、BBSをご利用いただいた方、申し訳ありませんm(_ _)m
この場を借り、お詫び申し上げます。

 

悪いニュースと言うのは、続くもので、ついでにテクモからもファンクラブ向けに「DOA映画化」のメールが(^^;)

んで、詳細を見ると。

ハリウッド映画です。
当然、実写です。
アメリカ映画なので、ティナがポスターの正面を陣取っています。
ハヤブサ役は、ケイン・コスギです。

ちなみに、監督さんは、コーリー・ユン。
「トランスポーター」の監督さんデス(←ここだけちょっと期待)。

……同じ映像化なら、CGで作って欲しかったなぁ。


2006/10/23 紅茶男

朝、ニュースを見ると、連日でイジメによる自殺の報道が流れているのですが、見るたびに、校長先生って大変だな、と。

その学校の統括者なのだから責任を追及されるのはあたりまえなのだけれども、なんとなく、それに見合う権限を与えられていないような気が。
……頭を下げる人や、マスコミに叩かれる人は他にいるような気がするんだけれども。

 

秋開始のアニメも、いくつかの作品で作画の崩壊が始まり、見ていて面白いです(イヤミとかではなく、本当に)。
特に、演出までアレな感じになってしまうと、もう完全な別作品。

アニメってやはり「映像」が主体の作品なんですね(^^;)


2006/10/22 紅茶男

「すもももももも」のオープニング曲はどうにかならんのか、と頭を抱え中。

たのむから、覚えやすいメロディに、恥ずかしい歌詞を乗せるのはやめてくれ。
思わず、口ずさみそうになるやないか(-_-;)

 

NEW! 更新 Adult Fan Artを更新。
□ of DOA □
「かすみ隷記 -隷務-」

……更新作業って、けっこうしんどい。
珈琲男くん、はよG4様を復活させてくれ〜(^^;)


2006/10/21 紅茶男

紅茶男の場合、アニメというのは女の子キャラ目当てに見るものなのですが、めずらしく、男の子目的でハマる作品に出会いました。

○「コードギアス 反逆のルルーシュ

もう、主人公のルルーシュが最高ですo(^-^)o

顔良い!
頭脳最高!
脚も長い!
そしてなにより、したたかさと冷徹さをたっぷり備えたあの性格!

いや、高笑いが似合う主人公との出会いは久々だったので(^^;)

戦闘において宿敵となりそうな美形の幼なじみも出てくるし、眼鏡が最高に似合う兵器開発者に、明るい学友、と魅惑系男子キャラ満載のアニメ。
女の子キャラも充分に魅力的なのですが、紅茶男としては、男の子に軍配を。

……いかんなぁ、ボーイズラブに走る人たちの気持ちが少しだけわかるような気がしてきた(-_-;)


2006/10/20 紅茶男

「君主論」で有名なマキアヴェッリ(←と書くらしい)のことを、なんとなく嫌なやつなんやろうなぁ、と思っていたのですが、「ローマ人の物語」の著者である塩野七生さんが抽出した形での訳をやっていると知り、思わず手を。

というわけで、
○「マキアヴェッリ語録」 (著者:塩野七生、新潮文庫)

んで、読んでみたところ、自分がいままで食わず嫌いをしていただけのことが判明。

大まかに言えば、「現実をちゃんと見ろよ」と思想の持ち主であるだけだし、そこに使われている言葉なども、ごくごく当たり前のこと。

「恩恵を与えても、恨みは消えない」とか、
「君主は善良な資質を備える必要はないが、それを備えていると思わせる必要はある」とか、
「人の恨みは悪行からのみではなく、善行からも生まれる」などなど、あたりまえのことばかり。

どう考えても、ごく普通の感覚を持っている現実主義者さん。
お友達になれそうな気がします(心の底から互いを信頼しあう、という関係ではない、「お友達」ですが)o(^-^)o

というわけで、お昼を食べながら、かつての僕と同じような偏見を持っていると思われる同僚さんに解説をしたところ、ボソリと一言。

「やっぱり、性格悪いよ、マキアヴェッリ」

……あれ、おかしいな(-_-;)


2006/10/19 紅茶男

「小役人は大臣よりも偉いのか!」

という、謎の文句を掲げた車を発見。
いったい、なにを意味しているのかと、近寄ってみると、さらに別の文字が。

「田中正造研究会」

言葉の謎は深まり、さらに、なぜそないなものを今も訴え続けているかという新たな謎が(-_-;)

……東京って不思議なところだなぁ。


2006/10/18 紅茶男

地元のテレビ局でガンダムの「ポケットの中の戦争」がやっているのを発見したため、慌ててレコーダーをセット。
時間を入力して、放送局を選んで、タイトルを入力して、後は賢い機械様に任すだけ。
いい時代になったものです。

で、本日、お仕事でフラフラになりながらも、帰ってきて即座に録画リストの呼び出しを。
出てきたタイトルはもちろん。

ケットの中の戦争」

……どこで戦争してんだかなぁ、うちのガンダムは(-_-;)


2006/10/17 紅茶男

ドラマ版の「のだめカンタービレ」が、まずまずのできだったので、一安心。

まあ、二次元の創作物を、人間が演じるわけだから少々の違和感はあるけれども、それらは許容範囲内だったし、 なにより、できる限り原作に忠実たろうとしている脚本と設定には、マンガから入った人間としてはありがたい限りでしたo(^-^)o

いや、ドラマ化の場合、「原作」ではなく「原案」とした方がいいんじゃないかなぁ、と思えるくらい、変えられちゃうことが多いので。

クラシックが題材なだけに、これからの楽しみは、オーケストラのシーン。

……制作費はだいじょうぶなのかな(^^;)


2006/10/15 紅茶男

利き腕が骨折中の母親に代わって、ご飯の準備をして、洗濯をして、お皿を洗って、ご飯の準備をして、洗濯……

主婦業って、すごい(-_-;)
ダメだ、もう動けない……


2006/10/14 紅茶男

温かい飲み物が欲しい季節になったので、トップCGを入れ替え。

ネタに使っておいてあれですが、いまだに、缶のおしるこというやつを飲んだことがありません(^^;)

 

とりあえず、秋アニメのお話を二つほど。

○「ネギま!?」

前回が前回だったので、録画リストからは外していたのですが、珈琲男くんから「けっこういける」と教えてもらったので、半信半疑で見るつもりに。
……あ、本当だ。

「ぱにぽに」のスタッフとほとんどが重なるそうで、なるほど、オープニングの作り方などは確かにその通り。
中身もエヴァさまのお話をしているということは……とりあえず、前回のアニメは「なかったこと」になるのかな(^^;)

○「護くんに女神の祝福を!」

数ある秋アニメの中でも、個人的に、ラブコメの王道作品と位置づけたい出来。
バカップルの主人公たちと、それをからかいながらも、見守る仲間たち、という基本構造は、やはり外せません。

お話のテンポと、絢子さんの可愛さがとにかく最高o(^^)o
特に恋愛スイッチが入っているときの壊れ具合が。

……ちと、いまの流行からは外れる作品かもしれませんけれども。


2006/10/13 紅茶男

昨晩、母親が、腕の痛みがひかない、と首を傾げていました。

聞けば、パート先で転んだときに腕を変な風にぶつけてしまったとのこと。
もっとも、そのあとでお買い物やお夕飯の支度が支障なくできたので、とりあえず、病院に行って、湿布でも貰ってこようか、と話したところで、昨日は終了。

で、本日のお医者さんの診断: 骨折

……人間、骨折していても、しばらくの間は痛みも感じずに動くことができるものなんですね(^^;)


2006/10/11 紅茶男

北朝鮮の核実験のニュースを聞いたときに、起きなければいいなぁ、と思っていた在日の人たちへの嫌がらせが報道され、暗澹とした気持ちに。
異国に暮らす一般人になにかしたところで、国が変わるはずないだろうに、てか、騒ぎに便乗するのはやめてくれ(-_-;)

 

話は変わって、秋アニメ。

珈琲男くんとも話していたのだけれども、今回、第一話で切り捨てることのできるアニメがなくて困っています(^^;)
大当たりかどうかはさておいて、とりあえず続きを見たくなるものが多くて、けっこう困り状態。
おかしいな、アニメってもっと粗製濫造されるものと違ったっけ。

珈琲男くん談:「ハルヒ」が他の作り手さんたちを奮起させたんじゃないの?

……なるほど。


2006/10/09 紅茶男

ひきこもりを心配してくれた珈琲男くんからお茶のお誘いがあったので、テコテコと。

途中、もう一人加わり、気付いてみれば、六時間以上もファミレスでダラダラと。
……店にはいい迷惑ですね(^^;)

 

NEW! 更新 Adult Fan Artを更新。
□ of DOA □
「かすみ隷記 -仕着せ-」


2006/10/08 紅茶男

台風一過、というのか、やたらと青空が綺麗な日。

というわけで、上野に行ってきました。
お目当ては、生誕百年を記念して上野の森美術館で行われている「ダリ回顧展」。

JR上野駅を出て、少しはずれて方向にある美術館へと向かうと、意外なことに、入場券売り場にさしたる列はなし。
あ、やっぱり朝早めにくると、空いているんだなぁ、と思いながら、「大人一枚」と注文すると、売り場のお姉さんから素敵な一言が。

「はい。現在、30分待ちとなっておりますがよろしいでしょうか♪」

なんで、飲食店の行列にもならべん僕が、腹もふくれん物のために、前と後ろををカップルに挟まれて30分を過ごさなあかんのでしょうか(-_-;)

なお、展示の内容については、言わずもがな。
十代の頃の作品もあるので、それだけでも見る価値があるかも。
どれほど奇抜に見えるものであったとしても、その基礎というのは古典的なものに支えられているんだなぁ、とあたりまえのことを思ったりします。

あと、異性の存在が、芸術家にとってどれほど大きなものであるかも(^^;)

創造するために生きていたような人が、最愛の人を失った最後の数年間に、なにも描かなかった、というのは、いろいろと考えさせられるものがあります。

……どんな気持ちだったんだろうなぁ。


2006/10/06 紅茶男

暴風雨の日。
交差点で傘をさして信号待ちをしていたところ、風に圧されて車道に出そうになり、慌てて傘をクローズ。

……直後、びしょぬれに(-_-;)

人間、せっぱつまると、あたりまえのことすら、予想できなくなるものだと、雨粒に打たれながら妙に感心。
お坊さんがひたすら座禅を組む理由が、ちょっとだけわかりました(^^;)


2006/10/05 珈琲男

紅茶男と珈琲男から、秋アニメについて二言め。

マイメロとおとぎ銃士赤ずきんは俺達のジャスティス(`・ω・´)ノ

 

そんなんでBBSのスレも参考にして秋から視聴する番組をピックアップ!
最終的に見つづけるのはいくつになるやら…(´・ω・`)

「結界師」
好きです魑魅魍魎。
原作のテンポもなんか好きなんですよね。

「ネギま!?」
リベンジ?
放送時間が無茶出来ないお子様枠なので何気に期待しています。

「陸情3課広報室-Pumpkin Scissors-」
好きです、鉄砲&時代背景。

「BLACK BLOOD BROTHERS」
好きです、吸血鬼。

「BLACK LAGOON The Second Barrage」
好きです、アウトロー。
公共電波で双子がどうなるのか不安があるけど…。

「009-1」
どうなの?
とりあえず初回を見る。

「あさっての方向」
勝手に癒しを期待。
ギャグならなお良し!

「くじびきアンバランス」
吉祥寺が舞台なんですもの…。
でも「009-1」「あさっての方向」とかぶってるのがイタイ。


2006/10/03 紅茶男

紅茶男と珈琲男から、秋アニメについて一言。

番組数多すぎ(-_-;)

 

生まれて初めて、声を目当てに、アニメを見ました。

D.Gray-man

お目当ては、もちろん、千年伯爵役の滝口順平さん。
あのポワポワの身体に、ニタニタ笑みを浮かべた極悪人に、あの声が宿ると……

最っ高ぅ!
ええぃ、黒の教団の話なんぞ手早くまとめて、伯爵さまのお姿をもっともっとぉぉぉ!

 

国連事務総長に韓国の潘氏が事実上内定。
進んで大任を背負おうとすることに、素直に敬意を。

こんな時代だし、なにより、国とか、地域を捨てて世界を考える役職を全うするというのは、普通の人間にできることではないものなぁ……


2006/10/02 紅茶男

混みあっているバスでも、優先席がちゃんと空いているのを見ると、なにかほっとします。

まあ、合理的に考えれば、あくまで「優先」であるわけだし、そこを使わなければ、立っている自分たちがさらにきつくなるだけであることはわかっているけれども、秩序美とは不条理の上に成り立つものo(^-^)o

少々の無駄は覚悟の上で、こういう風景が続いていけばいいなぁ、と。

 

2006/10/02 珈琲男

G4のパーツを抜いたり挿したりしていたら10月に。
未だに復旧していないので今回もエディタ打ちですよ。

秋の新番組が始まる前に見ていたアニメの話などを

「ハチミツとクローバーU」
良い最終回だった。
大人の階段をのぼるといった展開はさすが!
ホントに良く出来た少女マンガなんだな〜と思いました。
原作の方は紅茶男に借りる予定なので未読なんですけどね…。

「ゼーガペイン」
最終回だけ見たりして…。
音楽がステキで始めから見ておけば良かったと後悔ですよ…orz

「となグラ」
主人公がさわやか好青年じゃないのがお気に入り(`・ω・´)ノ
初音お姉さんが紅茶男のストライクゾーンなのではないかと、いつも思いながら見ていました。

「xxxHOLiC」
なんで始めから見なかったんだろう…orz
なんで始めから録画しなかったんだろう…orz
単行本を買おうかと真剣に検討中ですよ。

「ワンピース」
チョッパーに続いてロビンのエピソードでも。・゚・(ノД`)・゚・。
お涙頂戴モノで素直に泣ける大人になれてホントに良かった(安堵感
ジャンプ系アニメ放送枠の引越しは凄すぎです。

さて、今週からの新番組をいくつにしぼるかが問題だ。
全部見る気力も時間もないので(´・ω・`)y━~~


2006/10/01 紅茶男

昼過ぎから降り出した雨を、家からながめる一日。

休日の雨というのは、なんというか、こう、やわらかい檻のような感じがします。
まあ、とりあえず今日はそこにいろよ、と言われているような。

 

NEW! 更新
Fan Artを更新。
□ of DOA □
「秋色夜話」
わかばさん、お待たせしましたm(_ _)m