■ Daily 2006/08 ■

2006/08/31 紅茶男

期間限定で始まった、駅への徒歩往復で、足が既に崩壊気味(-_-;)
自分の貧弱さに、思わず、乾いた笑いがこみ上げてきます。

その崩壊と引き換えに、裏道を開拓しまくっているわけですが、どんなに細い路地でも、最低限の街灯が設けられていることに、かなり驚いています。
やるな、僕の地元。
なんだかんだいって、空き巣が「大事件」扱いされるほど治安の良いところに住んでいるのだと激しく実感。

 

最近、弟が「エヴァンゲリオン」をDVDで見始めました(レンタルで借りてきているらしい)。

きっかけは、「エヴァのパチンコが面白かったから」とのこと。
なにが入り口になるかわかりませんね(^^;)

兄として、言えることはただ一つ。

「最終回を見て、暴れるなよ」


2006/08/30 紅茶男

紅茶男の住んでいるところでは、まもなく、学生さんたちの夏休みが終わります。

大人になって唯一よかったことは、この時期に、残ってしまった夏休みの宿題に頭を悩まさずに済むことo(^-^)o

誤算は、大人社会の忙しさ。
……まさか、夏休みそれ自体がない生活に突入するとは思わなかったものなぁ(^^;)

僕の場合、夏休みで得た最大の収穫は、時間の価値とその使い方(無駄 使いをしたが故に、という辺りがちとアレですが)。

さて、学生さんたちは、どんなものを得て、明後日の始業式に向かうのかな。


2006/08/29 紅茶男

先週末、職場の先輩様が、夏休みを取ってマカオへ行きました。
ちなみに、マカオを選んだ理由は「飛行機に乗れるツアーで一番安かったから」とのこと。

おそるべし、民間航空機マニア。

なんで、そんな理由で空飛ぶ塊に命を預けることができるんだ(-_-;)

んで、行くときに、
「お土産、なにがいい?」
と聞かれたので、即答。

「マカオ銘菓の、マカオまんじゅうをお願いします。できれば、『元祖』とか『本家』とかついているやつを」

んで、本日。
残念ながら、元祖マカオまんじゅうは売っていなかったそうで、代わりに、
「これ、古本屋の屋台で売っていたんだけれども、お前にちょうどいいと思って」
と一冊の雑誌を手渡されました。

「Akiba Walker」 台湾語版

おいこら、ちょい待て(^^;)

まだ、ビニールを破っていないのですが、表紙を見るだけでも笑えます。

背表紙の煽り文句。
  「日新月異的秋葉原最新情報一挙収録!」
表紙に踊る文字。
  「秋葉原「超」便利地図 珍蔵版」
  「分門別類超詳細店家指南 秋葉原 購物天国」
  「電車新線「TX」開通後的遽変」

一部文字は日本の漢字に置き換えましたが、それでも、なんとなく内容が想像できるところが楽しいです。
偉大なる中国文明万歳。

そして、もはや、秋葉原の名物となった、「アレ」もちゃんと紹介されているようです。

「不容錯過的全新体験  女僕珈琲店GOGO!」

GOGO!って、そないに気合入れんでも(-_-;)

ちなみにサブ見出しとして、「店家型態解析」「制服魅力評比」「8間優質女僕店導覧」などなどが続く辺り、国は違えど、オタクが求めているものは何ら変わりがないことがわかります。

……だいじょうぶなのかぁ、東アジアの明日は(^^;)


2006/08/28 紅茶男

いつも使っている、駅近くの無料駐輪場が、美観工事のために、二週間ほど閉鎖になるというので、今朝から歩きでテコテコと駅へ。
大した距離ではないけれども、机の前がなにより好きな人間には、歩くことが拷問状態。

よかったぁ、盛夏を過ぎた頃で。
太陽が元気いっぱいだったら、絶対に倒れていらたぞ、僕(^^;)

んで、帰り道。

自転車と同じ道を通るのも飽きるよなぁ、と歩いていたところで、ふと十数年前に、通 学用に使っていた抜け道の入り口を発見!
まだ使えるかドキドキしながら、人もすれ違えないような細い道に入り、民家の塀の間を通 り、地図には絶対に載っていない入り口から公園に入り、そしてさらに、新しく出来ていた抜け道を発見し、階段を上がり……

ほんの5分ほどの、危険もなにもないお散歩もどきだったけれども、久々の探検気分に年甲斐もなくワクワクしましたo(^^)o
やっぱり、細い道には、冒険があるものですね。

久々の抜け道歩き。
二週間限定だけれども、たっぷり楽しみたいです。

……そして、叶うならば、僕がこれに飽きる前に工事が終わりますように。

 

2006/08/28 珈琲男

カナダドライ クラブソーダの買置きが無くなったら禁断症状が。
仕方がないので近所のスーパーで大人買い。
こんなに気に入るとは自分でも意外だ…。

そしてスーパーで衝撃の体験が!

幼女がスカートの端を口でくわえて、おぱんちゅ攻撃!

それは大人になってからだっΣ(゚Д゚)!?
と心の中であさってなツッコミをしてきましたよ。
しかも、おぱんちゅ攻撃のまま幼児特有の前方不注意でオイラの買物カゴに突進してくるし…。見ていてあきないですね、お子様は。

 

あずまきよひこ氏が描く時をかける少女を激しく読んでみたい。
なんて妄想が頭をよぎった…。


2006/08/27 紅茶男

トップ絵を差し替え。
結局、夏のトップ絵抜きで、秋っぽいものになってしまいましたがた、まあ、その辺りは、アレということで(^^;)

 

えーと、昨日、友達に連れられて「時をかける少女」を見てきました。
中身については、8月15日の珈琲男君の日記をごらんくださいm(_ _)m

丁寧な作りの作品。
「アニメってすごいんだぞ」という感じo(^^)o

 

珈琲男くんの先輩さんが描いた冬コミ用のサークルカットを見せてもらい、許可がもらえるのなら、ここで紹介したいくらいの出来栄えに、思わずディスプレイの前で大硬直o(^^)o
ちなみに、「ポニーテール」の「女の子」が「裸」に「ニーソックス」だけを残して立っているというもの。

裸ニーソ……なんて素晴らしいんだ。

……いいなぁ。
インスパイア、とか、オマージュなどという言葉を隠れ蓑に、同じような絵を作りたくなってきたぞ(^^;)


2006/08/23 珈琲男

深夜25時半に帰宅して、ちこっと息抜きの為にゲーム。

買ったばかりのソウルキャリバー3をえいえいとプレイ中
いきなり画面がブツンとブラックアウトΣ(・ω・`)ビクッ

どうした金ピカ百式PS2?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
何が起った金ピカ百式PS2?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

電源は入っているのにリセットボタンを押しても起動せず。
トレイボタンを押しても反応無し。

こ、壊れた…ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン

 

2006夏の悪循環から、まだ抜けだせていないのか…orz


2006/08/22 紅茶男

来年あたり、自分でここを読み返すこともあるかもしれないので、とりあえず、一昨日の日記の一部続きを。

再試合になった高校野球の決勝戦は、早実が勝ちました。
よし、日記終わり。

 

ARIA The NATURAL」を見る度に、子供が起きている時間に流れないものかなぁ、と思ってしまいます。

深夜という時間だからこそ作れる雰囲気なのだろうけれども、その辺りを考えても、惜しいなぁ、と。
再放送という形でもいいので、なんとかならないかな。
優しくて、不思議な物語って、どの時代の子供にも大切やと思うんだけれど。

……でも、少しテンポが遅いから、子供達には物足りないかな(^^;)


2006/08/20 紅茶男

トップ絵を変えなぁあかんなぁ、と思っていたものの、体力不足でダウン。
来週にはどうにかせんと(-_-;)

どうも夏が本来の使命を思い出したのか、ここのところ、猛暑の日々。

この暑い中、動く人なんぞおらんよなぁ、と思ってテレビをつけたら、甲子園では、高校球児達が延長15回の攻防を繰り広げていました。

正座をして、素直に土下座。
個人的に精神論は大嫌いなんですが、体力を超えた先にあるなにか、というのは確かに存在しますね(^^;)

日本一の栄冠は明日に持ち越し。

どちらが勝つにせよ、今日の試合を戦い抜いた事実に変わりはなし。
試合が終わった瞬間、両校に、今日と同じ拍手と声援が送られますように。

 

2006/08/20 珈琲男

最近彼が手を繋いでくれないの…。

と相談メールを受けましても、仕事漬けの彼女無しオタクに何をどうしろと?
これはあれですかね?
夏コミを紅茶男にまかせきりにした罪と罰なんですかね?
とりあえず相談料にパソコンから出てくる可愛い彼女をください。

 

星降る夜にマイメロの小暮が失恋で泣く歌の隣で、ただただ相槌をするだけのフォローをしていた。
中学生のくせにえらく大人な優しさだなΣΣ(゚д゚lll)ガガーン

 

NEW! 更新(`・ω・´)ノ
Adult Fan Artを更新。
□ of DOA □
「かすみ隷記 -遊戯-」


2006/08/18 紅茶男

ここのところ、美術展系のイベントでハズレを引きまくっています。

えと、「ハズレ」というのは、内容ではなくて、「人がとにかく多い」という意味。
次回以降を見据えれば、お客さんが集まるというのは喜ばしいことなんだけれども、好きな絵の前で立ち止まることもできない美術展というのは、個人的にちとアレなので。

というわけで、本日、東京国立博物館へ観にいった「プライスコレクション 「若冲と江戸絵画」展 」はハズレでした。
金曜日限定とはいえ、夜間開催とは思えない人の入り(-_-;)

中身はといえば、ちゃんと人が集まるものはそれに見合う内容を持っているもので、個人的にあまり興味がないはずの絵に見入り、時間不足になるありさま。
江戸時代の絵なんぞ古臭いものだと思っていたのですが、実際に見てみるとなんとも言えない色気に、思わずじゅるじゅる。
動物が描かれているのに、なにかエロチシズムを感じるような作品が多かったです。

タイトルどおり、若沖だけではなく、他の作家さんの絵も多いのですが、やはり一人名前が出る辺り若沖の天才性は際立っています。
「わからないけれども、いい」
という感覚を素人の僕にも思わせる素晴らしさ。
細かく緻密な絵と、線を極限まで排した絵の両方で人を魅了できるというのは、やはり天才なんでしょうね。

もう一つ、面白かったのは、今回のコレクションの持ち主であるプライスさん提唱による、「ガラスケースを使わず」に「光の具合を変化させて鑑賞する」展示方法。
一部の屏風絵と掛け軸が対象だったのですが、実際に、光を淡く震えるようなものにしたり、青から橙へと変化させていくと、日本の絵というものが蛍光灯の下ではなく、障子越しの陽や、行灯のゆらめきと共に見られてきたというのが、瞬時に理解できます。
僕自身、屏風絵というのは大きいだけで、のっぺりとした印象が強かったのですが、今日、これを見て、光の中で変化していく豊かさを初めて知りました。

勉強……というよりも、とにかく発見が多い、この絵画展。
オススメしたいところなんだけれども、あの混み具合を考えると……ちと、強く推すには憚られますね(^^;)

いや、本当に中身はいいんですけれどもね。

 

ちなみに、帰りは上野駅を使わず、隣の鶯谷駅まで歩いたのですが、お夕飯を食べようと思い、辺りを見回して思わず呆然。
なんでラブホテルの看板しか見えないんだ、あの駅わ(^^;)


2006/08/16 紅茶男

散々騒がれていたわりには、15日の首相による靖国参拝の波紋はあっさりと収束したな、というのが素直な反応。
これで、靖国を巡る諸問題も沈静化に向かえば……というのは、甘すぎる見方なんでしょうね(-_-;)
単に、諸々の状況が議論の拡大を望まなかっただけなんだろうし。

結局、互いの正義がぶつかり合うだけの論争というのは、優劣を判断するモノサシがないため、生み出すものは、堂々巡りとイライラだけ。
この辺りをうまく解決するための、落とし所を作るのが政治だと思うんだけれども……アジアの政治家にそれを望むのはちと酷なのかな(^^;)

という話は、さておいて。

世間的な評判はどないなもんなんだろ、と思いながらも「ゼロの使い魔」を欠かさず見ています。

原作のファンなのか、というとそうではなく、ならば、設定が好きなのか、と言われればそうでもなく、単に脚本を担当している吉岡たかをさんが好きだから、という理由。
別に、脚本を担当している全てのアニメを追いかけているわけではないけれども、どれほど男の子向けなウハウハ設定であっても、その辺りはあっさりと描き、コメディにきっちりとまとめる辺りがものすごい好み。

なんというか、こう、「もっとえっちぃ話を作れるやろ、これ!」と叫びたくなる素晴らしさo(^-^)o
いや、本当にすごいですよ。
「HAPPY☆LESSON」なんか、主人公の周りに綺麗なお姉さんをわんさかと配置しながら、ホーム・コメディで納めきったし。

さーて、「ゼロの使い魔」はどうなるんだろう。
見た目がおとなしいくせに行動が大胆なシエスタと、見た目が大胆で行動も大胆なキュルケにがんばってもらいたいところなんだけれども……


2006/08/15 珈琲男

見てキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

映画「時をかける少女
評判どおり映画としてもアニメとしても良い作品。
主役の女の子の快活さと10代なおバカさんぷり
が、とても好感触で何回も見たくなる青春映画でしたよ。
万人にお薦めします(`・ω・´)ノ

ただ見終わった後に青春スーツを無性に装着したくなるのが難。
ノスタルジーに襲われます
…orz


2006/08/14 紅茶男

朝起きて、路線状況のチェックのためにテレビを見ると、東京大停電のニュースが。

「テロか!」
と思う前に、「なんの事故があったんやろう」と思ってしまうのは、平和ボケしているのかなぁ(^^;)

幸い、僕の関わるところではなんの被害もなかったので、思いっきり第三者モードで今回の事故を見てしまったのですが、素直な感想は「いいタイミングで事故が起きた」というもの。

平日だったけれども、お盆休み中で、被害を受けた人は通 常とは比較にならないくらいに少なかったし、なにより、これを契機に、いろいろと見直しも図られるでしょう。
今回のような「事故」が再び起きないようにするにはどうすれば良いのか、はもちろん「事件」をどうやって起こさせないか、起きてしまった場合は、どう回復させるか、などなど。

……とりあえず、今回の停電被害に、どのような形であれ関わってしまった人たちの損失分が取り返せるくらいのものには、つなげて欲しいですね。

あと、日本人の我慢強さと、対応力にはびっくり。
暴動とはいかないまでも、なにかしらの事件が起きていてもおかしくないと思う状況であっただけに、妙な感覚ですが、安心感を得ました(^^;)


2006/08/13 紅茶男

「見た、来た、負けた」
という感じで、初めてのコミケは終了〜o(^-^)o

全く売れませんでした。
まさに完敗。

んで、完敗なだけに、膝をがっくりと折っているかというと、そんなことはなく、いま、敗戦責任を検討するのがものすごく楽しい状況。
つまるところ、僕自身の怠惰さによるものだけれども、それがどのように生まれ、維持され、最後に結果 として跳ね返ったかを検討すれば、イロイロと見えてくるものがあるもの。
目を覚ます機会に出会えたことにひたすら感謝。

誘ってくださった、もなかさん、ありがとうございましたm(_ _)m
プライベートがめっさ忙しい中、ギリギリまで踏ん張ってくれた珈琲男くん、サンクスでしたm(_ _)m

さて、いい加減、時間を無駄にはできないお年頃(^^;)
今日の経験による糧を、さっさと食べないと。

 

2006/08/13 夏コミ 珈琲男

夜勤明けに行ってきましたよ、コミケ。
な〜んもチェックしていなかったので、ぷらぷら散策して気になった本を1冊購入。帰りに喫茶店に寄った時に読んでみたら好きな中央東口さんの同人誌でΣ(゚Д゚)!?

そんで昨日、遅くに紅茶男に同人CDの作製を丸投げしてしまったので、帰りは月島のもんじゃでご接待してフォロー。

それでは36時間以上起きっぱなしなので...○∠\_


2006/08/11 紅茶男

イギリスがテロを阻止したとのこと。
計画を聞けば聞くほど、どうして阻止できたんだろうか、と感嘆するばかり。

情報力って、やっぱりすごいですね。

とはいえ、できたのは「阻止」で、「根絶」ではないことを考えると、思わず腕を組んで、うーむ、という気分に。
個人的に飛行機は苦手で、その延長線上で海外旅行などにも縁がありませんが、世界の進む方向が変わらなければ、人々の移動という、現在の世界において不可欠な事がえらく難しいことになるくらいは想像がつきます。

当座の予防は成功。
さて、ここで稼いだ時間を、世界はどう使うのかな。

 

これから、15日に向けていろいろなデモのニュースが流れると思うけれども、実際、その手のものを見慣れてくると、テレビの映し方に一定の法則があることに気付きます。

「参加者の顔がアップで映るようなデモは、参加人数がものすごく少ない」

けっこう、これを頭の中に入れながらニュースを見ると、けっこう楽しいです。
……まあ、とても正しいとは言えない見方ですけれども(^^;)


2006/08/09 紅茶男

夏コミ用のパッケージのCGの色塗りが終了。
……縮小して見ると、欠点が目立たなくていいですね(^^;)

 

好き、とかそういう言葉で捉えるものではないのだけれども、今年の長崎市長による長崎平和宣言は僕にとって、かなり「好き」な出来です。
言葉の選び方と、組み立て方。
実際に、どのような口調で語られたかを聞けないのは残念ですが、人々に訴えかける言葉というのはこうでなければなぁ、と。

特に素晴らしいのは、最初の一行。

「人間は、いったい何をしているのか」

核兵器というものに対しての全てを、この一行が包含しているような気がします。

……ちなみに、本日のアメリカ大使館には、抗議の車がひっきりなしにやってきて、周辺は賑やかな一日でした(-_-;)
60年以上前のことを持ち出すのは、東アジア共通の伝統なのかなぁ、と思ったり、思わなかったり。

過去を振り返ることは大切だけれども、あの凄惨な状況を二度とこの世界に現さないためにどうするかを考えるのも、同じくらい大切だと思うんだけれども。


2006/08/08 紅茶男

朝っぱらから雷雨で叩き起こされるえらい日(^^;)
なんなんだ、今年の天候は。

その後はそれなりに過ごしやすい気温に落ち着いたけれども、こうなってくると、秋の収穫が心配。
野菜は高いし、毎年、桃を買わせていただいている農園の人も、暴風雨の影響で、例年なら残っている分があっという間に捌けてしまった、と言っていたし。

気候は制御できない。
だからこそ、それに影響を与えそうなことを、できる限り慎しんでいくしかなさそうですね……


2006/08/06 紅茶男

久々に、ノー・ユ○ケル&爆睡の日(^^;)

お昼まで寝て、ブラブラしながらお茶を飲みに行って……と、原爆関連の番組を見た以外は普通 の日曜日。
戦争なんぞいますぐやめろ、というのは、現状ではとても言えないけれども、全てを一発リセット……というかゼロを通 り越してマイナス状態にまでもっていっちゃう大量破壊兵器の廃絶ぐらいは現実化してもらいたいものです。

自分の運命は自分で決めましょう、という民主主義の原則に反する兵器やと思うんやけれどもなぁ、あれ。

 

あと、自分の中で「タイトルは知っているけれども、中身を知らないSFを読もう月間」を始めたため、とりあえず一冊目を読了。

○「たったひとつの冴えたやりかた」
(ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア;早川書房)

……ちなみに、このタイトルのパロディってけっこうあちこちで身かけるんだけれども、元ネタを読んだことがある人ってどのくらいなんだろう。
ちなみに、僕は全然読んだことがありませんでした(^^;)

冒険心いっぱいの元気な女の子と、寄生型エイリアンの友情と、それぞれの生態の違いがもたらしてしまう悲劇のお話。
もっと、明るい話だと思っていたので、最後はけっこう衝撃的。
次に読むのはもう少し明るい話だといいんだけれども……


2006/08/05 紅茶男

ほんの数枚、という出来になったけれども、コミケ用のCG作り終了。

とりあえず、身体の全ての細胞を限界まで使い切った気分(^^;)
さて、今日は早めに寝ますか……


2006/08/02 珈琲男

今日から4連休夏休みだっイィィィヤッハァァァァァァ!
夏コミのCGやっつけるぞ〜!

 

と思っていたら、ママンが緊急入院しちゃいましたよ…。
とにかく連休は入院グッズの買出し&見舞いしてきます。

今年の夏コミはマジ鬼門だ。
テンション下げられっぱなしだよ …orz

 

そういえば、TopCGが6月のままでしたね。
頑張ります(´・ω・`)


2006/08/01 紅茶男

自分自身に夏休みがないため、すっかり忘れていましたが、学生さんたちは夏を満喫中なんですね(^^;)

若人よ、遊べ〜!勉強しろ〜!
それから、時間を無駄遣いすることをきっちり経験しておけ〜!

……いや、お金と同じで、「使ってみないとわからないもの」だと思うので、時間って。

 

それはさておき、本日、何年かぶりに、自転車でコケました。

別に関節に痛みもなく、擦り傷程度で済んだみたいやなぁ、と思い立ち上がると、やけに膝の辺りが風通 しの良い状態に。

ぬぁぁっっ!
この夏、初めておろしたスーツやったのにぃ!
撥水加工の、いつもより高いやつやったのにぃ!

とまあ、しばらく騒いだものの、よくよく考えれば、車通 りがそこそこある道でのこと(停車しているトラックの正面でした)。
それ以上のことがなかったことを考えれば、あまり気にすることでもないのかな、と。

なにはともあれ。
自転車に乗るときは、気をつけましょうね。

いや、本当に。