■ Daily 2005/11 ■

2005/11/30 珈琲男

胃がきしむ思いをした1日でしたよ(((´・ω・`)))ブルブル


2005/11/29 紅茶男

人間、先入観というのはすごいもので、ワイドショーで感化された頭で、マンションの強度偽装に絡む参考人質疑を見ていると、呼ばれた人たちが全員悪人に見えてきます(^^;)
しかし、映像の力、というのはたいしたもの。言いよどんだり、支離滅裂な発言をしたり、「人間性」とは程遠い発言を、しっかりと見ることができます。

なにはともあれ、とりあえず、質疑を見る限り、責任の所在が判明するよりもはやく、倒壊する可能性のほうが高そうに思えるので、死傷者が出る前に、税金を投入して住民の保護をした方がいいのではないのかなぁ、という気に (一納税者の意見ダス)。

 

話は変わって、週末、倉庫整理のために新潟へ一泊出張することが決定。
……寒くなければいいんだけれどもなぁ。


2005/11/27 珈琲男

友人から届けられた週刊サンデーと週刊マガジン計60冊前後を読破中。

明日の資源ゴミにサンデーだけでも出さないと。
オイラの部屋が、オイラの部屋が…(床見えないの

 

NEW! 更新(・`ω´・)ノ
Original CGを更新!
「はつゆき」


2005/11/26 珈琲男

手と足がカサカサでカユカユなので皮膚科へ行ってきました。
診てくれたのは可愛い女医さん(推定20代中盤)

「水虫みたいですね〜(ё_ё)」by女医

いきなりマイナスイメージかよっΣΣ(゚д゚lll)ガガーン

ちょっと心の中で泣きました…。

 

ちなみに
「検査の結果、何なのか分からなかったので、また来週来てくださいね(ё_ё)」

検査の結果で分からないというのもよく解りませんが、これでフラグ確立で新規攻略ルートが開けたという事ですかね?

「来週は私、いないんですけどねw(ё_ё)」

ヲタに厳しいですね、リアル人生ゲームはよ…orz

 

2005/11/26 紅茶男

友達と中華を食べに行ってきました。

……わかってはいたけれども、四川料理って美味しくって、そして辛いですね(^^;)


2005/11/24 紅茶男

年末に向けてアキバでの買い物が増えることを鑑み、昨日、吉祥寺でカバンを買いましたo(^-^)o

おしゃれなデザインと色使いのバッグが溢れる中、対アキバ用装備として選ぶ基準は二つだけ。
即ち、デカさ! (※アキバの買い物は、かさばる)
即ち、丈夫さ! (※アキバの買い物は、硬いか重い)

あぁ、やっぱり、たくさん入るバッグはいいなぁ、と思わずスリスリ。
……大きさと比例するお値段で、このバッグを買ったお金で、ゲームが一本買えたよなぁ、とか考えてしまう自分がいるのは、無視することにして(^^;)


2005/11/23 紅茶男

珈琲男くんと一緒に、「チャーリーとチョコレート工場」を観てきました。

すっげぇ、ティム・バートン!
頭をどう使ったら、こんな子供向けの顔したシュールな映像が作れるんだよ、という感じ(^^;)
お話自体が「欲深い子は不幸な目に遭い、良い子は幸せになれる」というわかりやすいだけに、ブラック・ユーモアが光る×光る!

ひねくれているけれども、それでもやっぱりハッピーエンドな話が好き、という人には自信を持ってオススメできる映画。
……それ以外の人には、うん、まあ、その、という方向で。

なにはともあれ、誘ってくれてありがとう、珈琲男くんm(_ _)m

 

2005/11/23 珈琲男

コープス・ブライド」を観たなら「チャーリーとチョコレート工場」も観ておいた方が良いかなと思い紅茶男を誘って観てきました。

まさにティム・バートンとジョニー・デップのコンビの真骨頂!
シュールな笑いが好きな人にはお勧めの映画です。

 

「ガンスミスキャッツ バースト」2巻 園田健一
ライディング・ビーン!
ライディング・ビーンじゃないかっ!?

「銃夢 ラストオーダー」8巻 木城ゆきと
西暦のストーリーがくるとは思わなかった…。


2005/11/21 紅茶男

昨日の東京国際女子マラソン。
最終コーナーを曲がる高橋選手の映像は美しいですね。

力強く突き上げられたこぶしを捕らえたカメラは、俯瞰から水平方向へと移り、それが逆光を呼び込み、選手の背はシルエットのまま光の中へ……
いや、本当に、よく撮りましたよ、あの映像o(^-^)o

カメラを担当した人、嬉しくて眠れなかったんじゃないのかなぁ。

 

話は変わって、深夜アニメの「ぱにぽにだっしゅ!」のオープニングが好きで、繰り返し見てしまいます。

シュールな作り方は好き嫌い分かれるかもしれないけれども、はぁ、なるほど、そうだよなぁ、アニメってこういう表現もありなんだよなぁ、という感じの面 白さは、思わず正座をしてしまう感じ。
作り手側のアイデアとセンスを正面から見せ付けられるような気分は、やっぱり心地よいです。

問題は、僕のセンスが中身についていけないことだよなぁ(^^;)
せっかく、面白い作り方してくれている作品だというのに。


2005/11/20 珈琲男

昨日のデータぶっとび事件は、やはりさくらさんのサーバートラブルが原因だったそうです。
ま、そういうこともあるよね。

先週買った週刊プロレスを読んでいたら、WWEのエディ・ゲレロの急死の報がΣΣ(゚д゚lll)ガガーン
好きなレスラーの1人だっただけに…orz

 

NEW! 更新(・`ω´・)ノ
Adult Fan Artを更新。
□ of DOA □
「かすみ隷記 −衣装遊び:体操服−」


2005/11/19 珈琲男

(゚Д゚;三;゚Д゚)エ、チョチョット、ナニガオキテルノ?

AM10時:
ネットの「紅茶男と珈琲男」を見たら、何故か11/13の雑記がTOPページに来てました…。

たしか昨日の18日の23時に更新した記憶が…、あれ、もしかしてオイラ失敗しましたか?と頭の中がグルグル〜。
慌てて他のページも確認してみるとBBSもここ最近のスレが消えていました。

どうやらレンタルしているさくらサーバーで何かあったみたいです。

で、紅茶男に連絡を取ってさくらさんから何らかの説明があったかを確認したのですが何もなし。
直接さくらさんに確認を取ろうと思ったのですが、サポートセンターは土日祝日お休みで不通 。
ただいま、さくらさんからの連絡待ち状態。

ま、こちらでのバックアップもあるのでそれ程の被害ではないんですけどね。
ただBBSはさすがにバックアップしてないからアウトですが…。

あ、ちなみにカウンタも700程戻ってますね…orz

それじゃお出かけしてきます。

 

PM11:30
帰ってきましたよ。

映画「コープス・ブライド」を見てきました。
ティム・バートン監督お得意のゴシックホラーコメディ。
バートン監督にしてはまだアクが少ないと思うので、一般の方にもお勧めできる映画だと思います。
やはりジョニー・デップはバートン監督と組んだ方がらしさが出て好きですw


2005/11/18 珈琲男

パソコンをいじる時は何故かイスの上に正座しちゃいます。

なので20〜30分後には「あ、あ、あ…」状態。
以降リピート…orz


2005/11/17 紅茶男

暖房が切れた部屋で、残業というやつをしていると、人生について深く考えるようになります(^^;)
順境から、哲学と宗教は生まれない、というのは本当のようですね。

 

本日、帰ってから、テレビ神奈川の「saku saku」を見ていると、視聴者からのメールのコーナーで、 東京都 坂本真綾さんからの投稿が紹介……

まさか、本人のはずないよなぁ、と思いながら見ていたら、「職業は声優」「クイーン・アミダラの声やりました」などという情報が。

いろんな人が見ているんだなぁ、地方局の番組なのに。


2005/11/16 珈琲男

朝のラッシュがきついと悲しくなります。
まぁ、たかだか30分ちょっとの我慢なんですが。

最近は女性専用車両とかもあって良いですね。以前は潰れかかって隣で悲鳴あげてる女性とかいたからなぁ…。


2005/11/15 紅茶男

朝、三陸沖で起きた地震の余波を寝ながら感じていると、いきなりお仕事場から電話が。

「か、会社のパソコンが、インターネットにつながらないんだけど!」
「…………はぁ」
「すぐに来て欲しいんだけれど」
「それは構いませんが……なんで、僕が指定なんですか?僕、ネットとかの接続については役立たずですよ」
「だって、君、コンピューターで絵を描いているんだろ!」

……えと、CG作るのと、ネットワークの知識には、なんの関連もないと思うんだけれども(-_-;)

というわけで、10分で身支度して、お仕事場に向かったのですが、宣言どおり役立たずぶりを発揮するだけで終わりました(^^;)

ちゃんと勉強しておいた方がいいのかなぁ、興味ない分野も……


2005/11/13 珈琲男

「ジャイアントロボ THE ANIMATION-地球が静止する日」を昨日今日とかけて見直してみました。
やはり十傑集はカッコよい!

と力むオイラは風邪気味になって頭ぼ〜(´・ω・`)

 

NEW! 更新(・`ω´・)ノ
Adult Fan Artを更新。
□ of DOA □
「かすみ隷記 −衣装遊び:女学生−」


2005/11/12 紅茶男

母親に毒物を投与した少女の次は、同級生を刺殺した少年。
いったい、世の中どうなっとるんやろうなぁ……とはあまり思わないんですよね(-_-;)

なんというか、こう、テレビなどでコメンテーターが、「まったく理解できません」というような事件を見ても、まあ、そういうことあるよなぁ、と思ってしまう人間なので。

これが、深い洞察力と知識の末にそういう気持ちになるのならばともかく、僕の場合は、本能的に犯罪者側に共感(肯定、ではないですよ)を覚えてしまうという不健全極まりないもの。
自分が、のんびりと日々を送ることができているのは、単に、踏み出すきっかけがなかっただけなんだろうなぁ、という気持ちで生きているため、この手の犯罪の報道を見るたびに複雑な気持ちになります。

それぞれの事件がどのような展開を見せるのかはわかりませんが、個人的に十代の頃というのは、「力を持つ」+「自己抑止力の不足」というのが重なる時期で、 そこから犯罪に走るかどうかは、単にきっかけの有無でしかないような気がします。

この先、心配なのは、なにか一つを「原因」としてしまい、そこで犯罪防止策が停止してしまうこと……と、偉そうに言わなくても、その辺りは専門家がちゃんとしているからだいじょうか。

以上、本日テレビを見ながら、ぼーっと考えたこと。
……なんか、もっとまともなこと考えられんのか、僕わ(^^;)


2005/11/10 紅茶男

「大奥」が面白いです。
えーと、ドラマの方でなくて(いや、ドラマも面白いですよ。小池栄子が最高!)、マンガの方。

てなわけで、「大奥」(よしながふみ:JETS COMICS)。
男のみが感染する疫病により、男性の人口が、女性の四分の一にまで下がり、男女の役割が逆転した江戸時代……というファンタジーなのかな、一応?
と、ここまでの設定を男の作者が描くと、主人公はモテモテ〜に、なるはずなのですが、女性の(というかボーイズラブ系の)作者さんが描くと、男の目から見ても、ものすごく面 白い世界が展開されますo(^-^)o
吉原は、男の売り場となり、そこに子種を求めて女性が集まり、婿取りができる女性は富裕な人たちの特権に。
その中で、美男三千を集めていると称される、将軍専用の男の園である大奥で……

という感じ(ちなみに、主人公は、凛々しい吉宗(女))。
男同士の歪んだ嫉妬や、友情(含む、愛情)が、美しく笑いを含んだ表現で描かれています。

一応、ボーイズラブ系に分類される作家さんですが、「西洋骨董洋菓子店」が「アンティーク」としてドラマ化されたように、 たまたまそこに足元を置いているだけで、作品に込められた面 白さは、普遍的なものを持っているのではないかなぁ、と。

しかし……よく考えたよなぁ、こんな設定の物語(^^;)
才能ある人って、すごい。


2005/11/09 珈琲男

ども、珈琲男です。
今日帰りにエスカレーターに乗っている前の女性が髪をアップにしていて、とっても可愛い耳が見えてました。
思わずカプッと甘噛みしたくなりました。
嘘です。
しそうになって慌てました。
危ないですね(年末近いですからね…

てか、捕まるわバカ者!ヽ(`Д´)ノ

 

あと冬コミ落選通知届きました(年末近いですからね…


2005/11/07 紅茶男

欲しくて買ったゲームのはずなのに、「これ、やり始めると時間が掛かるからなぁ」という理由で手をつけていないのが、五本ほど。

うーむ、とりあえず、どこかで集中月間を設けて、一気にやらないとなぁ。

……どこか、どんなゲームも三日でクリアーできる技能を身につけさせてくれる専門学校でもありませんかね(^^;)


2005/11/06 紅茶男

CG作りの最中、横にあるテレビでアニメを流しっぱなしにしていたら、面 白いシーンに突入してしまい、つい、テレビを見ながら指先をカチャカチャと。

そして、ディスプレイに目を戻してみたら、なぜか、作業中のデータが消えていました(-_-;)

ついでに、気力も消失。
……申し訳ありません。今週の更新はお休みですm(_ _)m

2005/11/06 珈琲男

昨日は紅茶男に誘われて印刷博物館に行ってきました。
メチャクチャ面白かったし、勉強になりました。

ただ2人して夢中になってしまい気がついたら閉館まぎわで、自分達以外の人達の姿が消えていてΣ(゚Д゚)!?
途中からは流して見ました…疲れてたしw

 

「いばらの王」6巻 岩原佑二
古城脱出劇がいつのまにか世界を救う話に…まぁ、最終巻なので仕方がないんですけどねw
ちょっと怒濤の最終展開のような気もしましたが、作者さんは最初から考えていたようなラストなのでこれはこれで良しと納得。

「アルスラーン戦記 旌旗流転&妖雲群行」9&10巻 田中芳樹
「アルスラーン戦記 魔軍襲来」11巻 田中芳樹
出版者が変わって復刊だなんて知らなかった…orz
しかも旌旗流転までは角川文庫で持ってるんだけどなぁ。読み始めたのは中学生の時だから、もうかれこれ20年近いおつき合い。
これからゆっくりと読みます。


2005/11/04 珈琲男

パソコンの中に放り込んだままのmp3を少し整理。

んで、曲名とかアーティストを調べていたら思いのほかKOTOKOさんが歌っているものが多くてΣ(゚Д゚)!?
それ以上に作詞している曲数の多さにもΣ(゚Д゚)!?

KOTOKOさんのスゴイところはその作詞力だと思ってます。

キレイな歌もOK。
女の子の可愛い妄想ソングもOK。
かと思えば暗い情念のような歌もOKとスゴイです。

いったいその言語センスはなんなのさ〜?
と聞いてみたいぐらいですよ。

 

でも一番の功労はエロゲーの女の子の可愛い妄想ソングを生み出した事だと思ってるんですけどねw
男が作詞したら媚びてる歌にしかならないもんなぁ…。


2005/11/03 紅茶男

神保町に行ったら、古本祭りをやっていたので、思わず、一時間ほどふらふらと。
残念ながら、誘ってくれる本に出会う前に、人の多さに疲れてしまったので、一冊だけ買って帰ってきました。

ちなみに、買ったのは「明治の人物誌」という、ショート・ショートの名人である星新一さんの書いた伝記集。
既に文庫版はもっているのだけれども、ハードカバーの初版本があったもので、つい(^^;)

ああ、やっぱり、大きい本は肌触りがいいなぁ(うっとり)
……文庫本ですら、収めるスペースがない部屋に住んでいるけれども。

 

11月になったので、トップ絵を更新。
霜月が、別名、霜降月だというのを知った時は、ちょっと意外でした。 「霜」が「立つ」のではなく、「降る」とした言葉選びの感覚は、天と大地がつながっていた時代のものなんでしょうね。


2005/11/01 紅茶男

11月になりました。
日毎に、寒さが増していきます。

ぬぁぁぁっっっ!
こたつ!コタツ!炬燵をプリーズ!

いや、朝起きたとき、おふとんを出た後に向かう先に暖かいものがないと、動く気がしないので(^^;)
毎朝起きるたびに、なんで、この心地よい空間を捨てて、苦難の中に飛び込まなぁあかんかなぁ、という感じ。

おふとんの中が楽園に変わる季節。
早く身体を冬モードに慣らしていかないとなぁ。

 

2005/11/01 珈琲男

昨日電車内の広告を見て一目惚れ。

サイトを見てますます惹かれる。

今日買ってきた…P701iDマットブラック

 

即買いかよっΣ(゚Д゚)!?
と自分でもあきれてます…けど、シンプルなデザインでかっこよいのですよ、これがw
初めはスクエアなグロスブラックにぞっこんだったのですが、いざ店頭で見てみると何かがいまいちで結局隣にあったラウンドなマットブラックに心移り。

で、秋葉原のヨドバシカメラをケータイ購入ついでに見てまわったんですけど、あまりの広さと充実ぶりにただただ呆然。
おもちゃとかも充実していて危険極まりないです。
しかも、上の階にはレストラン街があって待ち時間に夕食食べちゃいました。

でも1番の収穫は店頭価格21000円がポイントとかがなんだかんだで7000円弱になったことかな(`・ω・´)ノ