■ Daily 2005/08 ■

 

2005/08/31 紅茶男

8月31日は、「8」+「3」+「1」で野菜の日だそうです。
というわけで、野菜を……… 野菜を………

えーと、その、なんというか、野菜ジュースによる摂取というのは、やはり趣旨からは外れるんでしょうか(^^;)

 

本日、気が付いてみたら、お財布の中は、一万円札と小銭が少々という状態に。

小金持ちさんじゃないか、というのはさておき、なぜか、1,000円を切るお買い物に10,000札は使えない、 という妙な強迫観念をもっているため、お金を崩す意味を兼ねて、本屋へ直行!

○「司馬遼太郎が考えたこと 9」(新潮文庫:司馬 遼太郎)
死後、月に一冊は必ず本が出る、といわれている、ある意味、小説家として最高の幸福享受し続ける人のエッセイ集。
25年も前に書かれた内容ながら、物事を捉えた時に展開される思考の鮮やかさは、まったく色褪せていません。

○「涼宮ハルヒの陰謀」(スニーカー文庫:谷川 流)
一人称視点を貫き通し、物語の世界を揺るがせることなく書き綴っているというすごい作品の最新刊。
……て魅力はそこじゃないか(^^;)
これから読むので、内容は不明。
でも、面白いんだろうなぁ、絶対に。

○「ひとひら」(ACTION COMICS:桐原 いづみ)
新刊コーナーに平積みされていた表紙の子と思わず目があってしまい、「は、これがもしや運命の出会いってやつっすか!」と購入。
はい、運命の出会いでした(^-^)
引っ込み思案で、緊張すると声が出なくなる子が、ふとしたきっかけで、演劇部に……という展開に、「うわっ、たるぅ」と思って読んでいたのですが、 第四幕が終わり、主要登場人物が出揃ったところで、思わず正座。
以後は背筋を伸ばして読みきりました。 野乃先輩、とりあえず、下僕にしてくださいm(_ _)m
話自体に、意外な展開というのはないです。
起こる出来事も、全て高校生の日常範囲内。
で、ありながら、登場人物たちの輪郭がはっきりと輝いているのは、おどろくほど丁寧に、この作品の世界が綴られているからだよなぁ、と。
先が、すっごく楽しみなんだけれども、掲載誌に一抹の不安が(いや、帯に「……人気連載が一時休刊をまたいで待望のコミック化」などと書かれているので)。
二巻、ちゃんと出るんだろうな……

○「しおんの王」(AFTERNOON KC:原作 かとりまさる,漫画 安藤慈朗)
前から気になっていたので、思わず購入。
幼くして両親を殺され、その衝撃で声を失った少女が、12歳で女流棋士となり……というお話。
主人公の瞳の強さが素敵です。
お話はまだまだ序盤なので、なんとも言えないけれども、まったく異なるものを糧に将棋をさすライバルたちの存在がとにかく楽しみ。
両親の死、大人達の思惑というものを脇に蹴散らしながら、盤面 を挟んでのみ、物語は動いていく感じ。
がんばれ、紫音ちゃん。


2005/08/29 紅茶男

うおっしゃぁぁぁ!
カシオペア」の予約終了!
北海道(プチ)豪華旅行の手配も完了ぅぅっっ!

問題は、行くのが自分じゃなくって、親だってところだよなぁ(-_-;)
……まあ、いいや、予定よりも安く上がったし。

 

夏の暑さも絶頂を過ぎたせいか、夜が徐々に過ごしやすくなっています。
で、それに比例して、眠りは深くなり、布団から離れるのを、身体が拒否するように(^^;)

昨日などは、せっかくのお休みを、「朝寝」+「昼寝」+「夜寝」で潰しちゃったし。

季節の変化についていくためか、身体が鈍くなる季節の変わり目。
さっさと、秋に季節を切り替えてもらえないかなぁ……


2005/08/28 珈琲男

昨日は久しぶりに秋葉原に行ってきました。
んで、マンガ買って喫茶店のテラスで読む素敵時間を満喫。

「よつばと!」4巻 あずまきよひこ
喫茶店のテラスとかの人前で読むのはやはり危険でした。
声を出して笑わないようにするのに一苦労でしたよ。
楽しそうな夏を過ごしているマンガの中にダイブイン!したい…。

「カミヤドリ」4巻 三部けい
マジメな展開でちと重め。

んで、友人達と合流してメイド喫茶でまた素敵時間…。
充実したヲタクな休日でした。

 

NEW! 更新(・`ω´・)ノ
Adult Fan Artを更新。
□ of 魔法先生ネギま! □
「懸想 ― のどか ―」
アダルトページに新しいカテゴリ登場!
よろしくです!!


2005/08/27 紅茶男

DVD大量購入の日(^-^)
……いや、四本だから、大量でもでもないか。

えーと、言い直します。
DVD中量購入の日(^-^)

○「ハチミツとクローバー」
撮り逃していた第一話を、ようやく見ることができました。
物語の始発点と到達点の双方を兼ねる仕上がりになっているのは、さすが!
改めて、「プロってすごい」という気持ちになります。
セリフの数が少ないのに、ちゃんと一人一人の登場人物の輪郭をはっきりと描いているんだものなぁ。

○「絶対少年」
NHKのBSでやっているアニメ。
放送中の物語は折り返しているというのに、いまだに話の中核というやつが見えてこないというすごい作品。
あ、非難じゃないですよ。
そこが見えないくせに、毎週、僕にビデオ撮りをさせるだけの面 白さをもっていることを賞賛しているだけデス。
普通、夏休みというのは、開放感に溢れているものなのでしょうが、僕の場合、なぜか不思議な閉塞感を覚えており、その部分が、作品に重なります。

○「DEEP BLUE」
イギリスのBBCのスタッフが、7年の時間と7000時間のフィルムを使って撮った海の映像。
ちなみに、音楽はベルリン・フィルハーモニー管弦楽団。
CG作っているときに、BGM代わりにかけておけばいいかぁ、とひどく安易な気持ちで買ったのですが、まあ、美しいというか、すごいというか。
シュモクザメの群れの映像が見られるなんて思わなかった……

○「オペラ座の怪人」
金をかければいいものが作れるわけじゃないけれども、金をかけるとここまでいいものが出来るんだよなぁ、と思わせる作品。
えーと、一人の女性を中心に、その人の「女」としての部分に惚れた男と、「才能」に魅せられた男との三角関係の話……と紅茶男は理解しています(^^;)
レンタルでもいいから、余裕のある人は見てください。
アニメとはまた違った映像の魅力に浸ることができますよ〜。


2005/08/26 紅茶男

友人に、彼女ができる夢を見ました。
正夢になりますように。
(↑善人ぶって好感度をあげようという卑劣な作戦)

 

新聞の紙面が有限で、テレビの放送時間にも限りがあるのはあたりまえのこと。
したがって、そこに載せるための情報は、選択され、編集されたものであるというのも、これまた当然のこと。

つまり、僕たちがメディアを通じて受けとる情報は必然的に、選択と編集という工程を経てきているわけですが、これはまあ、悪いことではないですよね。
いまとなっては速報性に欠ける新聞が全国で読まれているのだって、プロによってこの課程が入れられているからこそだろうし。

というわけで、僕たち情報の受け手は、ニュースを見た際に、その情報がどのような意味を持つのかということと同時に、 その情報がどのような意図をもって供給されているのか、ということを考えれば、さらに面 白く報道番組を見ることができるのではないかと思う次第。

いや、警官を襲撃した少年の部屋の映像が流れた時に、なぜか、アニメのポスターとフィギュアがテロップ入りで映し出されていたので(^^;)
……犯行に関係あるものだと思われたんかなぁ。


2005/08/25 珈琲男

台風11号張切って通過中@東京。

フジテレビのドラマ「電車男」を見たのですよ。
主人公が彼女にガンプラや女の子のフィギュアやらで飾られた自分の部屋を見せてヲタクであることをカミングアウトするシーンを見て

ああ、いつかはオイラも通らねばならぬ道なのね…('A`)

とか思いつつも、つい最近購入したアスカ&レイを眺めて

そんな勇気オイラにはナイナイ(*゚▽゚)ノシ

とぶっちゃけた独り言をフィギュアに向かって呟いたり…(ぅゎ

 

それ以前に彼女がいないしな…orz


2005/08/24 紅茶男

「ごめんなさい。
日本のアニメ界の明日を支えるため、秋葉原にDVDを買いにいきたいので、残業は一時間半以内ということでお願いします!」

以上、本日、周りに頭を下げたときの一言。
夏休み中の学生さん、こういう大人になっちゃダメですよ(^^;)

てなわけで、少しでも早く製作者のお手元に利益が回るように、という想いを込めて「かみちゅ!」のDVDを買ってきました。

第一話なんぞ繰り返し観ているにもかかわらず、DVDを再生するときにワクワクしてしまうのは、さすがというか、なんというか。
しかも、副音声で、監督さんと脚本さんのオーディオコメンタリーは入っているわ、TV版ではカットされていたシーンが挿入され、つながりが断然よくなっているわと、 「買ってよかったぁ」の一言。

しかし、作った本人たちが「作画はたいへんだった」を連発するとおり、やっぱり背景が素晴らしいです。
そうだよなぁ。この作品の世界観の全てを背負っているんだもの……

なにはともあれ、TVを見まくった僕でも、「金を出した甲斐があった」と思わせる出来でした。
さて、もう一回再生しますかo(^-^)o


2005/08/23 紅茶男

同僚の子の体調が悪そうだったので、気遣って声をかけました。

「どうしたの?徹夜明けのゾンビみたいな顔してるよ」

 

紅茶男から良い子のみんなにお知らせだ!
女の子を形容するとき、「ゾンビ」って言葉を使うと、睨まれるぞ(^^;)


2005/08/21 珈琲男

ワンフェス行ってきた━━━━━ヽヽ(゚∀゚)ノノ━━━━━!!

紅茶男にカスミGet━━━━━ヽヽ(゚∀゚)ノノ━━━━━!!
紅茶男に「買っとく?」と電話したところ即答で「買って!」
んで、東京駅で即渡し(まさか取りにくるとは…)

水着のアスカとレイGet━━━━━ヽヽ(゚∀゚)ノノ━━━━━!!
今年の日焼けバージョンはなんか苦手だったんで去年モデルを購入…。

アクロヴィーナGet━━━━━ヽヽ(゚∀゚)ノノ━━━━━!!
買いのがしていたのでホント嬉しかったです…。

ちなみに造型スキルは全くないので完成品しか買えないのです…。
でも、お安く良いものに巡り合えたので幸せ。

今日は会場を全部見て色々と物色して、一緒に行ったMONAKAさんがデジカメたくさん撮って、コスプレも見てきて濃い1日でした。
も、 ヘトヘトさん...○∠\_

 

NEW! 更新(・`ω´・)ノ
Adult Fan Artを更新。
□ of DOA □
「あやね隷記 −欲囲−」


2005/08/20 珈琲男

大三元あがってるのにトータル負けとはこれ如何に…orz


2005/08/19 紅茶男

「8月にも祝日をつくれぇぇっっ!!」
と、全国の学生さんたちを敵に回しそうなことを叫びそうになる今日このごろ。みなさん、お元気でしょうか(-_-;)

 

毎日、録画して見ているテレビ神奈川の「saku saku」に声の出演をしていたディレクターの方がお亡くなりになり、 今週はその人がその人が出ていた最後の収録を流しているのですが、やっぱり見ていると複雑な気持ちに。

元気そうなのに。楽しそうなのに。
その人がもうこの世にいない、というのは、なにか壮大な空虚感に襲われます(楽しい番組なだけになおさら)。

ゴイゴイさん。いままでおつかれさまでした。
とても、楽しかったです。


2005/08/18 紅茶男

「入党歓迎!」
「離党反対!」

……えーと、別に、政治がらみのお話じゃないですよ(^^;)
大阪屋さんという和菓子のお店が、永田町駅に出しているポスターです。

ちなみに、「入党歓迎!」の方には、辛党から甘党への寝返りを推奨し、「離党反対!」には、甘党からの脱退をゆるさないぞ、 という感じの文句がものすごく小さく添えられているのですが、目立つのは、上の四文字だけ。ちゃんと隅まで読まないと、とてもお菓子屋のポスターに見えないというのは、もう、上手いんだか、そうじゃないんだか(-_-;)

……嘘です。上手です。
政治家さん達のお膝元に出すことを前提に、人目を引いて、読ませるように作ってあるんだもの。

しかし、この時期にそういうポスターを出す辺り、和菓子業界というやつはあなどれないものだとしみじみ。
やるなよなぁ(^^)

 

80,000Hit に届きました!
ありがとうございます〜


2005/08/17 珈琲男

80000Hitオーバーありがとうございます!
これからも精進して頑張りますっ(・`ω´・)ノ

お後は色々と箇条書き雑記。

マンガ「コイネコ」1巻 真島悦也
真島さんの最新作が出ました。
主人公のナオちゃんのマイペースな魅力に
ウム、みんなメロメロOK?な感じで良いですw

冬のコミケ69の申込しました。
受かりますように!

映画「金色のガッシュベル メカバルカンの来襲
一緒に見た人と目もとウルウルしながら見ました。
メカバルカンが優しくてカッコよかったです。
でも、 も少し派手に活躍しても良いと思うの…。

PS2「鉄拳5
始めスティック操作できないのに怒って明日売ってやる!
と思っていたのですが慣れると大丈夫なスーファミスト2世代…。
でも、制服シャオユウが見当たらなくて不満(出てきてないだけ?
対戦相手欲しい…。

PS2「THE地球防衛軍2
鉄拳5放り出してはまってますw
スターシップトルーパーズ好きにとっては最高のゲーム!
やっぱり人類の敵は巨大昆虫と宇宙人だ!としみじみ思うのですよ。
ネットでも高い評価の書込みを見かける逸品!!

今日友人とビリヤードで8ボールをしたのです。
が、友人が玉を6つも残していて自分は8番を入れるだけ!
という時に指定外ポケットに8番を入れてしまい自爆負け!?
あんなにリードしていたのに …orz


2005/08/16 紅茶男

前回の更新がなかったのは、僕の体力が尽き果 てたためです。
どうも、すいませんでしたm(_ _)m

 

お盆休みの真っ最中のため、東京ディズ○ーランドの往復に使われることの多い僕の通 勤列車には、この時期、親子連れというやつが乗り込んできます。
普段、あまり耳にすることのない、家族の心温まる会話。
優しい母の言葉に、厳しい父の叱責、と普段耳にする機会のない話が今日もまた、若い父親と小学校低学年ぐらいの娘さんとの間で……

父  「いいか、人類皆兄弟。誰とでも仲良くするんだぞ」
娘  「えー、やだよぉ。あの禿げたおじさんとも仲良くしなくちゃいけないんでしょ、それだと」

えーと、娘さん。
とりあえず、僕の目の前のおっさんが瀕死状態にまで追い込まれたから、その真実の剣は、しばらく鞘の中に収めておきなさいね(^^;)


2005/08/14 珈琲男

コミケ68行った━━━━━ヽヽ(゚∀゚)ノノ━━━━━!!

真島屋さんに差入した━━━━━ヽヽ(゚∀゚)ノノ━━━━━!!

同人誌買った━━━━━ヽヽ(゚∀゚)ノノ━━━━━!!

冬コミ申込書買った━━━━━ヽヽ(゚∀゚)ノノ━━━━━!!

お台場まで歩いた━━━━━ヽヽ(゚∀゚)ノノ━━━━━!!

そこでOGOたくさん買った━━━━━ヽヽ(゚∀゚)ノノ━━━━━!!

 

今日の1番の出費は赤と青のOGO大量 買いでした…orz
いや、浮れ気分であのデザインのボトル見たらつい5000円程。

 

そんなこんなで今日のCG更新は無いのです。
ゴメン(`・ω・´)ノシ


2005/08/12 紅茶男

厚い雨雲に蓋をされたような一日。

その割には、降ってこんなぁ、と思っていたら、夜になって、天の底が一気に壊れたようなどしゃぶりに。
おまけに豪雨をあおるように、雷が間断なく鳴り響くという状況に(^^;)

まあ、雷なんてめったに見られるものでもないよなぁ、と不意に貧乏根性がこみ上げてきて、ふと思い立って自室の明かりを消して、雷鑑賞をすることに。
あらためて見ると、やっぱりすごいです雷は。
世界全てを鮮やかなモノトーンに封じ込める一瞬を見てしまうと、やっぱり大自然というものはすごいものだとしみじみ。

……外に出る用事がないからこそ、のんきに楽しめるんですけれどもね。

 

御巣鷹の日航機墜落の日から二十年という節目の今日、JAL機のエンジンが火を噴くトラブルが。
基本的に、飛行機が苦手だからかもしれませんが、なんだか、「空の安全」というやつが不安です。

だいじょうぶかな、本当に。

2005/08/12 珈琲男

「これはダメかもわからんね」

御巣鷹山に墜落した日航機のボイスレコーダーに残っていた墜落する10分前の機長の言葉。

この言葉を聞くと気持ちが落ち込んじゃいます。
操縦不能になってから墜落するまでの乗務員とお客の気持ちを考えちゃうと、もうダメ…ズズーンでドドーンなのですよorz


2005/08/11 紅茶男

いいかげん、大人なのだから、酒の一杯も飲めなぁあかんやろ、と思い、この一月ほど、寝酒というやつを適当にたしなんでいます。
えーと、ちょっとずつ増やしていけばどうにかなるやろう、という浅はかな考えに基づくもの。

で、結果どうなったかというと、アルコールには一向につよくならず、しかも、飲んだ日は七割強の確率で悪夢を見る自分を発見するに至りました(-_-;)

おかしいな。お酒って気持ちよくなるものなんじゃなかったっけ?
なんで、スプラッタ or サイコスリラー系の夢を見るんだろう、僕の身体わ。

どうもアルコール分解酵素がどうこうという以前のレベルで、紅茶男はお酒と相性が悪いようです。
生まれ変わりでもしないかぎり、お酒とは仲良くなれないのかなぁ(^^;)


2005/08/10 珈琲男

「吸血鬼ハンターD - 白魔山」下巻 菊地秀行

相変わらず魔次元な闘い。

史上最凶の敵がいったいいつまで出てくるのだろう?
と思ったりもするのですが、菊地さんの小説を読むのにそんなことを気にしていたらきりがないので気にしない〜。

このシリーズも息が長い…1983年からですよ。


2005/08/09 紅茶男

ナガサキの日。
毎年、この日に長崎から発せられるメッセージは悲壮です。

てなわけで、ここのところ、アメリカ大使館前には、愛国者の方々がやってきて、アメリカに謝罪をを呼びかけている模様。
ちなみに、実際にそばで聞いているのに「模様」というちょっと曖昧な表現になってしまうのは、拡声器を通 した声がみごとに割れているため(^^;)

なにかを言葉で伝えたいのなら、もう少し考えたほうがいいと思うんだけれど……(ちなみに、渋谷で見た右翼さんは、このあたりをちゃんとクリアーした上で、話も面 白くて素敵でした)。

 

とまあ、日本にとっていろいろな「60年目」がならぶ八月上旬に、総選挙が重なり、今年はけっこう大変な夏に。

いや、一番大変なのは、この暑さなんだけれども(-_-;)
毎年、思っているけれども、どうにかならんもんなのかなぁ、この暑さわ。
この高温多湿が、日本の山野における緑の回復力を生み出しているとはいえ、うん、まあ、理屈と感情は別 物というか、なんというか、ねえ(^^;)

暦の上では残暑に入りましたが、まだまだ暑い日々が続く感じ。
体調には、十分以上にお気をつけくださいませ。

 

追記:スペースシャトル「ディスカバリー」が無事帰還!
よかったぁ〜o(^-^)o


2005/08/07 珈琲男

気がついたら77777Hitオーバーしてました。

見に来てくださっている皆様が何を楽しんでくださっているのか皆目見当もついてませんが、これからもマイペースに2人でやっていこうと思っています。
今後もおつきあいをよろしくお願いいたします(*゚▽゚)ノ

てか、何かご意見ご要望があったら気軽にBBSまで。
あと記念カキコも嬉しいんでw

NEW! 更新(・`ω´・)ノ
Adult Fan Artを更新。
□ of DOA □
「VACATION −朝−」

Original CGを更新。
「77777Hitありがとう&暑中見舞い」

あとTopCGも。


2005/08/06 紅茶男

テレビや、新聞を見ると、そのつど、いろいろと考えさせられる日。

個人的に、原爆の投下の是非論というのは、分かれるのがあたりまえであり、それはわるくないことだと思います。
政治体制も、宗教も、そして最低限の倫理すらも統一されていないこの世界において、どのような方向であれ、意見が完全に一致するというのは、逆に不健全だと思うので (※別に、反戦・反核運動を非難しているわけではないです。念のため)。

ただ、一発の兵器により、多数、という言葉では表すことのできないほどの市民が虐殺されたという事実だけは全人類共有の知識としておきたいとは思います。
そう考えると、「ヒロシマ」というのは、まだまだ語り継がれ、叫ばれる義務を負っているのだなぁ、と。

あの日から、六十年。
時の長さと、その犠牲に人類が積み上げることができたものの隔たりを考えると、正直、膝をつきたくなるけれども。

 

などという真面目なことを考えちゃういっぽう、本日も関東は暑い日に(-_-;)

その暑さの中、友達と銀座までランチを食べに行ってきました。
トマトとパイナップルを荒く摩り下ろした一口スープから始まり、アナゴの白焼きを温野菜と共にバルサミコ酢とオリーブオイルで食べさせる前菜に続き、メインは子羊のクスクス。
終わりのデザートまで、手抜きなく、昼間からえらく贅沢な時間を過ごして、幸せな気分に(^-^)

で、最後、会計をするときになって不意にお店の方から、
「もしかして、こういうお仕事(同業)をなされている方ですか?」
と質問が。

…………あー、そっすね。
男二人で、フレンチのランチなんて食べませんよね、普通(^^;)

やはり、オタクにとって、銀座はアウェイのようです。
ぬぅぅぅぅ、「ちょっとおしゃれなお店が似合う男」に改造してくれるところはないもんでしょうか。

ちなみに、「オタクをやめればいいじゃん」という冷静な選択肢は僕には見えないのであしからず。
選択したところで、ぜったいに実行できないし(^^;)


2005/08/05 紅茶男

「ありがとうございました!
 午後もがんばってください☆」

と明るく励ましてくれる自販機に癒される日々……

いかんいかん。気をしっかりもてよ、僕。
人としてなにか大切なものを失いつつあるぞ(^^;)

 

昨日の話ですが、帝国ホテル元総料理長の村上信夫さんがお亡くなりになりました。
書いているエッセイが好きで、某調理師学校の文化祭でお見かけした時のおおらかな風貌は、いまでもはっきりと覚えています。
語り口調がひたすら明るく、料理ができない僕にさえ、料理をするのがどれほど楽しいことかを伝えられるほどの自分の仕事を愛している方でした。

ご冥福をお祈りいたします。


2005/08/03 紅茶男

今週に入ってから、首相官邸の坂下にある人工池で鴨の姿を見ます。

……鴨ってなにを食べているんだっけ(^^;)
まあ、ちょっと飛べば皇居のお堀もあるので問題ないのでしょうが、ちゃんと食料があるのか、ちと心配。

 

ここのところ、頭の中でいろいろなものがグルグル回って、ぬ ぉぉぉっっ、とうなる日々。

もの作りたい!時間が足りない!テクニックはもっと足りない!そもそも、完成型が見えてこない!ていうか、どんな煩悩をもとにしていいかわかない!でも、作りたい!
な感じ。
もう、自分でもなにがなにやら(-_-;)

てなわけで、手を動かすと、出来上がるのは不完全なものばかり。
いずれ、この未完成品をつくったことがなにかの役に立つかも、と思ってはいるのだけれも、やっぱり、出来上がりをみると激しく不安。

……「いま」が、無駄な時間にならないといいんだけれども(^^;)


2005/08/01 珈琲男

8月ですよ。

真夏ですよ。

どうしよう…。

 

NEW! 更新(・`ω´・)ノ
Adult Fan Artを更新。
□ of DOA □
「あやね隷記 -奉仕義務-」