■ Daily 2005/03 ■

2005/03/31 紅茶男

お仕事場の先輩にサッカー好きの先輩さんがいるのですが、毎回、代表戦の後に話を聞くのがたのしみになっています(^-^)

てなわけで、以下は、ワールドカップ予選で黒星を喫したイラン戦の時のお話。

日本代表を一緒に応援するべく、一人暮らしのその先輩のところに、お友達がきて、さあ、テレビの前でいざ……という段になって、 その友達は、応援する時に着るユニフォームを忘れたことに気付き顔色が蒼白に。

結果、イランに負けたとき、友達さんは、涙を流し、日本代表に謝ったそうです。
「すまん、俺がユニフォームを着なかったばかりに……」

……えーと、その、うん、なんというか。
とりあえず、落ち着け(^^;)

ちなみに、バーレン戦ではちゃんと着たとのこと。
おかげで、日本も勝利。

この手の話を聞くたびに、昔の人が「好き」を「数奇」と言っていた気がほんのちょっとわかります。
まあ、オタクである僕も、自覚しないまま、同じテイストのことをしているとは思うんだけれども。

 

話は変わって、連載の方の……というか、原作の方の今週の「ネギま!」を読んで、ネギ先生の可愛さに悩殺されやした。
「ミニスカ風狐娘(女装)」を着せるとは、いい趣味しているよ、柿崎。
そりゃ、いいんちょでなくても、鼻血出して倒れますわな(^^)

いろいろな生徒のいろいろな話が展開しそうな「まほら祭編」。 この機会に、いままであまりスポットライトの当たっていない生徒たちの話になってほしいなぁ、と祈るしだい。

個人的には、大河内アキラと、Zazie Rainyday に期待。
特に、Zazie は、第一話の扉絵を見る限り、最後の非日常系キャラみたいだし。

来週は、久しぶりに、ちうのお話みたいで、期待はふくらむ一方。
今週みせた反応がやたらと可愛かったけれど、なにが起きるんだろう……

2005/03/31 珈琲男

明日から4月ですね。
よつばとひめくり2005」を買ったのですが、どうやれば破らずにめくって使えるか思案中。
明日からめくらんといかんのに…orz

「銃夢 LastOrder」7巻 木城ゆき
キャラが増えているせいか話のテンポが遅くなっている気が…。

「セラフィック・フェザー」9巻 武田俊也 うたたねひろゆき
なんか終わらせるためなのか話が急展開してるような気が…。


2005/03/30 珈琲男

電車で座っていると肌寒いのに春な装いの可愛い女の子がお隣に。

男性陣(オイラ含む)の視線が彼女に集中しているのが隣にいても感じられて、パステルカラーでミニスカートは偉大だなぁ。

「見られるとキレイになるから頑張らないと!」

と言っていた女友達のありがたい言葉を思い出しました。
男にも当てはまるだろうなぁと電車に揺られつつ思ったり。

でも、オイラは未だにモサモサ真冬仕様。
寒くてブルっとすると悲しくなりません?
なりますよね?


2005/03/29 紅茶男

「月詠」の最終回が入っているはずのビデオを再生していると、なぜだが「ファンタジック チルドレン」の最終回が(^^;)

「Xenosaga」に続き、今期二度目の最終回撮り逃しかと思うと、後悔よりも先に、笑いがこみあげてきます。

……人って、こういうふうに強くなっていくものなんでしょうね(-_-;)

まあ、「月詠」はお話そのものよりも、映像の処理……というか、演出やカメラアングルなどが好きで見ていた作品なので、 ショックさも低めだったのがわずかな救い。

とりあえず、「舞・Hime」の最終回だけは撮り逃さないように、予約を変更しておかないと……


2005/03/28 紅茶男

出張メイドのお掃除サービスというのがあるんですね。

料金は3万円からとのこと。
がんばれば手を出せちゃう値段というのが、ちょっと、こうなんていうか、ねえ(^^;)

休みになると気が抜けるせいか、ここのところ月曜日は体調を崩しまくり。 薬のおかげで思考がゆるむせいか、自分でも後で悩む行動をしまくり状態。

行動その1)
「渋いお茶が飲みたいなぁ」と思い、緑茶を入れている最中に、お砂糖がふと目に。
そういえば、頭を回転させるには糖分がいるよなぁ、などと思いつくと、そのままなにも考えずに、シュガー入りのグリーンティーをメイキング。

……まずくはないですけど、人に薦めるほどのものでもないですな。

行動その2)
さぬきうどんやで、醤油とソースを間違える。
一滴目で間違えたことに気付きながらも、「かきあげのソース味てどんなものかなー」と好奇心が湧き上がり、そのままドバーっと。

好奇心だけで行動してはいけないという教訓を獲得(-_-;)

春先は体調を崩しまくりで、毎週がこんな感じ。
早く体が慣れてくれんかなぁ……


2005/03/27 珈琲男

ケロロ軍曹」が金曜日に移動はマジつらい。
ビデオ録画はめどいのですよ…どうしよう?

今期オイラ的最良アニメだった「レジェンズ」が最終回。
最後まで良いアニメで。・゚・(ノД`)・゚・。

んで、たまに見る「ガンダムSEED DESTINY
TMレヴォレヴォが死んじゃった…。
しかも「ザクとは違うんだよ!ザクとは! 」
の名セリフまで言って…orz
正直リアルな悲惨をやりたいのか、スーパーロボット大戦をやりたいのか、ガチンコ女バトルをやりたいのか、ウホいい男をやりたいのか制作サイドの意図が解らないのでストーリー気にしないで笑えるところだけ見てるような感じ。
ミ−アが元気ならそれで良し!て感じですよ。

NEW! 更新(・`ω´・)ノ
Adult Fan Artを更新。
□ of TRABULANCE □
「being in hospital」


2005/03/26 紅茶男

日本が負けて、北朝鮮が負けて、あろうことか、韓国までも……
サッカーのワールドカップアジア予選。
東アジア勢は三敗かぁ。

とまあ、負けた話題が続いた後は、楽天が初試合初勝利。
とりあえず、僕の応援するチームはパ・リーグにはいないので、完全観戦モードで楽しみました。
……残念なのは、中継が途中で終わってしまったこと(-_-;)
うぅ、花粉症で外に出られない人間にとっては、けっこう楽しみな中継だったのにぃ。
今日ぐらいは、録画のオープン戦を流すのだったら、生中継をしてして欲しかったなぁ、と。

 

春の番組改変期に入り、友達が送ってきてくれたアニメリストを見ながら、うーむとうなり中。
とりあえず、「ケロロ軍曹」の放映時間が変更になることについて、不安というかまあ、そういうものがじんわりと(-_-;)
時間帯が移動するということは、見る層……というか、チャンネルの決定権を持つ人間が変わるわけで、あの時間帯で最高だった出来がどうなるかと考えると、うーむ。

なんにせよ、いい方向に働いて欲しいものです(^^)

いや、本当に


2005/03/24 紅茶男

えーと、悪いのは、ちゃんと放送時間をチェックしなかった自分自身だということはよくわかっています。
ちゃんと、録画時間に幅をもたせなかったのがよろしくないのも重々承知。

……うぅ、いくら番組改変期だからといって、最終回の放映時間を変えるなよぉ(;_;)

てなわけで、見逃しました。
「Xenosaga THE ANIMATION」の最終回(-_-;)

ちょっと昔の味がするSFで大好きだったのにぃ。

最終回撮り逃しは「蒼穹のファフナー」に続いて二度目。
重ねて嬉しい経験ではないので、いいかげん、なんとか対応策を検討しなければ。

……やっぱり、HDD録画に手をだすしかないのかなぁ(^^;)


2005/03/23 紅茶男

旭化成とグンゼの共同広告にやられた……

とまあ、なんの話しなのというと、朝の電車内の広告。
一両丸々買占め型だったのだけれども、車内の全てを自分たちの広告で埋め尽くすのではなく、使っているのは、中吊りのみ。
「中吊りだけで、一両丸まるの買占めになるの?」と思う人もいるかもしれないけれども、それ以外に表現のしようのない感じでした。

だって、まど上ポスターも、ドア上ポスターも、あと、ステッカーもドア横も、全てが空欄になっていたんだもの(^^;)

発想をちょっとひねっただけなんだけれども、プロでないと考え付かない捻り方。
……すごい広告手法と素直に関心×関心(^^)

2005/03/23 珈琲男

「女性に優しくされるとすぐに恋におちてしまう…」

映画「エタ−ナル・サンシャイン」を見ました。
連休中に紅茶男と恋愛モノ映画ですよ…orz
しかし、冴えない主人公を演じているジム・キャリーが上記のセリフをうつむき気味に言った途端、紅茶男と珈琲男の心を激しくキャッチ!
おもしろかったです。
展開がなかなか読めない所とかはアカデミー脚本賞を受賞しただけはあります。
記憶を消去する過程の映像がホラーみたいな所も気に入りました。

笑ったのはロード・オブ・ザ・リングで主人公フロドを演じてたイライジャ・ウッドの役所。
パンティー盗むなんて見損なったぞ、フロド!
速攻山に捨ててこいっ!


2005/03/22 紅茶男

「処女(おとめ)はお姉さま(ボク)に恋してる」
をとりあえずクリアー(^^)

狙っていた御方ではなく、二回目に攻略するつもりの生徒会長さんとのお話になってしまいましたが、面 白かった〜。
日々、女の子……というか、お姉さま化していく主人公がとにかく可愛くて、あー、もう、ぐりぐり。

しかし、この手の乙女系主人公のゲームをやると、必ず一番のお気に入りが、主人公になってしまうあたり、作り手の意図に沿っているのか、いないのか(-_-;)

「マリみて」の影響で、女子校とか、百合っぽい雰囲気の作品が出やすくなってきているのは、やっぱり嬉しいですね。
中には、露骨に流行りだけを追いかけたものもあるけれども、ジャンルというのは、そういうものを裾野に持つことで形成されていくと思うので、 もうしばらくこの分野は広がって欲しいです。

その後に訪れる淘汰の季節を考えるとちょっと怖いけれども(^^;)


2005/03/21 紅茶男

せっかくの三連休だったのに、
「お出かけ」→「睡眠」
を二日連続で繰り返したので、CG作りができませんでした(^^;)

それはそれで楽しかったのですが、作ることができなかったのは、ちと残念。

一日でどうにかなるかな〜、と考えていたのですが、さすがに昼過ぎまで寝た上に、原画から一日で仕上げるのは無理だったらしく、 線画データ作りと基礎色を配置した時点で、本日のCG更新は延期と相成りました。
CGを期待して訪れていただいた方、申し訳ありませんm(_ _)m

 

てなわけで、CGも作らんとなにをしていたのかというと、結婚式に行ってきました。
もちろん、自分のではなく、同僚さんの(^-^)

実際に出てみると、チャペルでの結婚式というのはいいものですね。
ウェディングドレス、賛美歌、オルガン、フルート、宣誓、フラワーシャワー。
権威と儀式が、宗教において表裏一体の関係を形成しているというのが、よくわかりました……ていうのは、少々ひねた見方かな(^^;)

なんにせよ、その日、式を挙げたお二人に遅ればせながら一言。

おめでとうございます。
二人が揃わなければつかめない幸福を手に入れ、守り抜いてください。


2005/03/19 珈琲男

55556Hitとったどー!!
あやうくまた素でキリ番をふむところだった…。

てことで55555Hitオーバーありがとうございます。
なんかカウンタの回りが速くなってきてるような…。


2005/03/18 紅茶男

本日のニュースで一番笑えたのは、韓国のどこかの市で「対馬の日」というのを条例で制定したというもの。
568年前に、倭寇の掃討戦を行った際に占領したことが根拠とのこと。

「竹島の日」に対する諧謔的反論としては抜群の出来。

……まさか、本気じゃないだろうなぁ(^^;)

 

それはさておき、新しいドラえもんの声を聞きました。

「若っ!これがドラえもん!?」
とか思ってしまうのは、初代の声が強烈に刷り込まれているせいで、これから見る世代には、この声が標準になるので問題はないでしょう。
「ドラえもん」は僕の精神面に多大な影響を及ぼした作品ですが、それは現在ではなく、過去のこと。

いま流れている作品は、いま見ている子供たちのためにあることを考えれば、それなりの感慨を持ったとしても、 拍手と共に交代を祝福すべきやなぁ、と(^^)

なにはともあれ、大山のぶ代さんを初めとする、初代の声優の方々。
お声と共に、たくさんのことを学ばせていただきました。
いままで、本当にありがとうございましたm(_ _)m


2005/03/17 紅茶男

花粉症の影響で必ず体調を崩すこの時期、今年も例に漏れず、風邪をひきかけ状態に(^^;)

風邪を引いて喜べるほどふてぶてしくはないのですが、
微熱状態+風邪薬でぼーとなるトリップ感はけっこう好きだったりします。
足元ふわふわ、視界もふわふわ。
適度な気だるさが、いい感じに緩めの気分にさせてくれます。

などと文章にしてみると、自分がいかにアブナイ人間かが再確認できてちょっとショック(-_-;)
……風邪薬で酔える仲間。現在募集中ダス。


2005/03/16 紅茶男

帰りの電車の中で今週の「週刊少年サンデー」を読んでいて、あやうく吹き出しそうになり、あわてて咳払いをするふりを。

問題となったのは、「金色のガッシュ」。
……いい大人が「ウンコティンティン」なんていう敵の名前でわらっちゃあかんだろ(-_-;)

あと、「最強!都立あおい坂高校野球部」の面 白さが止まりません。
さすが、スポーツにしか頭が働かない連中を描かせたら、無二の腕前を持つ作者。
おバカで、格好良い奴らが、いい感じにそろっています(^^)

2005/03/16 珈琲男

六本木デビュ━━━━━ヽヽ(゚∀゚)ノノ━━━━━!!
ワインバーだった━━━━━ヽヽ(゚∀゚)ノノ━━━━━!!

只今午前2時過ぎで明日仕事でもう寝る...○∠\_


2005/03/15 紅茶男

ここのところ、取り溜めしている深夜アニメを再生するたびに、不安がチクリと。
いや、「舞・Hime」なんですけれどもね(^^;)

もっとこう、わかりやすくて明るいバトル系の話だと思って見始めただけに、 共に戦った者同士が互いを潰し合う展開というのは、なんというか、こう、見ていて、「うぎゅ」と。
ちと、紅茶男にとっては苦手な展開です。

問題は、それが面白いこと。
…………困ったもんだ。


2005/03/13 珈琲男

今日は肌寒かったせいか速攻鼻風邪ひきました…orz

またもや友人「竈猫mk2」から借りたモノの感想。
DVD「雲の向こう、約束の場所」新海誠 監督作品
ついに見ました。
ノスタルジックな独特の間が良い感じで好きです。
SF&ミリタリーもしてるのですがうまく作品の中に溶け込んでいて作品世界を壊していなくて正直悔しいぐらいにアンギャ−(叫び

NEW! 更新(・`ω´・)ノ
Fan Artを更新。
□ of 魔法先生ネギま! □
春色恋詩


2005/03/12 紅茶男

トマトジュースは身体に良いです。
抗酸化作用で、身体イキイキ。

黒酢も身体に良いです。
アミノ酸で、身体イキイキ。

というわけで、この二つを合体させたカ○メさんには拍手を送ります。
素晴らしい味でした……「黒酢と○マト」。
飲む前は、「酸味の強いトマトジュースみたいなものかなぁ」とのんきなことを思っていたので宇賀、一口飲むと、そんな考えなど甘すぎることが判明(-_-;)
トマトの味と、黒酢の酸味が、互いに打ち消すことなく並立したすばらしい世界が口の中に。
興味のある人は、いますぐお店に Go!。
うかうかしていると、店頭から消え、二度と姿を現すことはないでしょうから……(^^;)

ちなみに、普段は怪しい飲み物に手を出すことのない僕がなぜにこれを買ったのかというと、 「ネギま!」に出てくる妙な紙パックドリンクをいつも手放さない某キャラの気持ちに近づきたかったためだったりします。

てなわけで、次の更新CGは「ネギま!」。
今週、紅茶男のハートを鷲掴みにしたあの子が、登場です。


2005/03/11 珈琲男

友人「竈猫mk2」から借りたモノの感想など。

小説「鬼哭街 紫電掌」「鬼哭街 鬼眼麗人」
Hとゲーム要素の薄いHゲームの小説、上下巻。
近未来SFサイバーパンクな設定のお話は良いです。
感想は妹萌えは冥府魔道でなんだかなぁ…。

マンガ「監督不行届」安野モヨコ
乙女な庵野秀明監督と漢な安野モヨコさんのオタク夫婦マンガ。
最高に面白いです、乙女な監督w

 

2005/03/11 紅茶男

本日は、ちとマジメな話(^^)
というか、朝ごはんを食べながら考えたことなんですけれどもね。

朝のテレビで、児童ポルノに反対する人が来日した記事が紹介されていました。
秋葉原を見て、日本のアニメやマンガにおける児童ポルノを制限するべきと主張したとのこと。

まあ、あの街をあるいたら、そう思う気持ちはわかるけれども(^^;)

とはいえ、あそこを見て、そう主張するのは、歌舞伎町とか池袋西口を見て、 「日本の風俗は過剰すぎる」と言うようなものやと思うんやけれどなぁ。
標準ではなく、極地なのだし。

で、考えてしまったのは、その後で、コメンテーターが、子供向けマンガでもそういうシーンが出てくるから、ちゃんと規制したほうがいい、と発言し、 そこにいた出演者がうなずいていたこと。

いや、別に、「それは表現の自由を侵すことになる」とか「被害者の存在しない創作物に規制をしてどうする」とか、 「そもそも、その手のマンガを読んだ上での議論なのか」などというつもりはないです。

ただ、気になったのは、人間、自分と利益関係の無い……というか、興味の無い分野の規制に関してはけっこう簡単に賛成するということ。
そして、どれだけ経済効果があると騒がれようが、オタク文化というのはマイナーであり、オタクは少数派であるということ。
たぶん、国民投票というやつが実施されれば、マンガにおける性表現などは、その多数派の積極的無関心さゆえに制限が可決されると思います。

個人的に、昔にくらべれば、マンガなどもずいぶん規制されているように思えるけれども、ここで考えなければいけないのは、 オタク側の「規制されている」が、一般社会からみると「規制されていない」という状況にあるということ。
まあ、単なる認識のずれと、事態に対する理解の深さの差なのだけれども、ことが法律による規制という方向にむかった場合、けっこう深刻な事態になるかも(-_-;)

僕自身、マンガの規制というのは、ある程度は必要だと思っています。

ただし、規制は年齢で行うべきであり、その方向性に関する規制はおこなうべきではない、というのが考え。
人様から後ろ指さされるような趣味であったとしても、それを他者に及ぼさなければ問題はない、というのが基本なのだし、 それが判断できるかどうかの物差しは年齢ぐらいしかないのだから。

価値観の多様化に必要なものは、きっちりとした棲み分け。
そして規制というのは、その住処を破壊することではなく、きっちりとした線引きをすることやと思うんやけれどもなぁ。


2005/03/10 紅茶男

来るなら来やがれ、スギ花粉!
こっちはいつでも土下座する覚悟だぞ!

……てなわけで、やって来ました花粉症の季節(-_-;)
昨日は第一発目を見事にくらい、レッドアイ・モードで見事にダウン。

林野庁では、花粉を出さない杉の開発に成功しているとのこと(接木で増えていくらしい)。
花粉を出さない植物というものを日本にはびこらせるのは、環境保護の観点から見るとアレかもしれませんが、 とりあえず、飛散する花粉の量を適正な値にまで下げられるくらいに、現行の杉ととりかえて欲しいものデス。
20年ぐらいかかるらしいけれども。

とはいえ、花粉の飛散も杉が必死に生きている証。
緑のあふれる国として甘受するべきものなかもしれませんけれどもね(^^;)

 

本日、東京高裁は検察側の控訴を棄却して、横浜事件の再審開始決定を支持。
治安維持法に触れるというのは、司法が自らの暗い過去へと踏み込むことだと思うけれども、この流れは断ち切らず、向かい合って欲しいものです。


2005/03/09 珈琲男

装甲騎兵ボトムズAT完全設定資料集を購入。

おかげで頭の中でレッドショルダーマーチが。
CD買ってこようかな…。


2005/03/08 紅茶男

日曜日、フラメンコの発表会を観にいってきました。
発表会というので、どこかの公民館でやるのかなぁ、と思っていたら、専用の舞台を持つレストランが会場。

ダンスステージつきのレストランに入ったのは初めてなので、すっかりはしゃぎモードに(^^)

で、フラメンコ。

踊りそのものはスローテンポのもあり、華やかなものありとさまざまだったのですが、フラメンコといえば、やはりあの衣装。
日常生活とはまったく相容れない原色&デザインも、それが一群となりライトを浴びると、違和感はまったくなし。
初め見たときは、派手やなぁ、と思えた服も、途中からはもっと派手でもええんちゃうかなぁ、という気に。
……感覚の麻痺って怖いですね。

で、招待してくれた当人に「よかったよぉ」と伝えたら、いろいろと衣装選びに関する裏話を聞かせてくれました。
同じ組でなくても、色がかぶってはいけないとか、デザインが同じだった場合の色違いでも、先願権が発生するとか、かぶってしまった場合はどういう風になるのかをとくとくと……

女の世界とは奥が深いものですな(-_-;)


2005/03/07 珈琲男

仕事前にUP!

NEW! 更新(・`ω´・)ノ
Adult Fan Artを更新。
□ of DOA □
「かすみ隷記 -着替え-」

 

で、仕事から帰ってきたわけで。

帰ってくる途中の道でニャンコが、ニャンコの頭が…、
頭がザクロ(*゚▽゚)ノ
。・゚・(ノД`)・゚・。

ちなみにCG更新が昨日ではなく今日になってしまったのは紅茶男がCG仕上げるのに遅れたのではなく、珈琲男が麻雀でボロ勝ちしてその後ボロ負けしてトータルでマイナスになった影響の為です。


2005/03/05 紅茶男

干物が食べたくなったので、魚屋さんで買い物。

「すいませーん、真鯵のひらき、三枚くださーい」
「ありがとうございます。三枚で 1860円になります」

……………はい?
あわてて値段を見ると、確かに、一枚 630円という素敵なお値段が。
近海ものって、高いんですね(-_-;)

そのほか、いくつかお買い物。

○「舞-Hime ORIGINAL SOUNDTRACK vol.1」
「舞-Hime」の、というよりも、僕にとっては梶浦さんのCD。
音楽だけを取り出して聞いてみると、学園ものであるせいか、いつもと違った梶原ワールドが展開されていました。
「.hack//Sign」とか、「Noir」や「MADLAX」とはかなり違った感じ。
ちなみに一押しは、CMで使われている「媛星」。
本人の言葉によると、打ち合わせの最中に浮かび、こっそり席を外しながら譜面 を書いた曲とのこと。
……すごいよなぁ、天才っていうのは(^^;)
あと、宮村優子さんがヴォーカルを担当した「It's only the fair tale」も気持ち良いです。

○「処女(おとめ)はお姉さま(ボク)に恋してる」
○「マジカルウィッチカンパニー」
いずれも大きいお友達向けのPCゲーム。上は、石丸電気の店頭にあった最後の一つをゲットしました。 ちなみに、必死になって手に入れたゲームが、ほかの店で山積みになっている光景など見たくなかったので、他店は見ずに帰ってきました(←弱気)
ちなみに、シチュエーション買い、というか、ぶっちゃけ、主人公買いです(^^)
いや、好きなんですよ、美少年。

○「モエカす」
なんでいまさら、という感じかもしれないけれども、大安売りしていたので、つい……
先に本編を解かないとなぁ。


2005/03/04 紅茶男

本日は雪だったため、久々に、自転車をやめ、バスに乗車。

やっぱり気持ちいいですね(^^)
バスの一番前の席というのは。

通いなれた道を高い位置からたっぷりと堪能しました。
家々の屋根の形とか、街灯の光の重なり具合など、普段は気にも留めないものがどれほど多くの情報量 を持っているのかに気付かされます。
お金はかかるけれども、たまにはバスもいいものだなぁ、と。

……まあ、そのせいで一停車場分、乗り過ごしたけれども(-_-;)


2005/03/03 紅茶男  今日はひなまつり(^^)

「3月3日だね。ひなまは釣れた?」
「いやぁ、伝説の怪魚ですから、なかなか……」

以上が、今朝一発目の会話。
前置きもなしに、「かってに改蔵」の初期ネタを振るなよぉ。
即座に答えた自分が悲しくなるじゃないか……(-_-;)

 

それはさておき、同僚さんから、
「フラメンコの発表会がある。みんなくるから、あんたも来い」
と誘われました。

衣装や舞台には興味があるので、申し出を受けると、チケットを渡され、注意事項をいくつか。

「あ、動画撮影禁止だから。デジカメもダメだからね」
「スケッチブックは?」
「……………………………………………」

ごめんなさい、僕が悪かったです。
ですから、その、なんというか、精神的に可哀想な人を見る目だけは許してください(^^;)


2005/03/02 珈琲男

のりスタのドン・ファンは朝っぱらから良い味だ。

 

NEW! 更新(・`ω´・)ノ
リンクのページを更新!
またもや「」繋がりなんですけどねw

素敵な発言が多いトッシィーさんのサイト。