「モーニング・コーヒー」

「朝までいっしょ」より、星川真理子……というか、マリ姉ですね(^^)

年上の幼馴染と同棲をするというこのシチュエーションのゲーム。
なんとも、年上好きの紅茶男の心を捉えて離しませんでした。

あー、やっぱり、いいよなぁ、可愛らしく嫉妬する年上の姿というのは(しみじみ)

というわけで、「モーニング・コーヒー」です。
正直、ホットコーヒーは苦手なのですが、昔読んでいた「コブラ」というマンガで、女の人に目覚めのコーヒーを入れてもらうシーンがあり、それ以降、「目覚めに淹れてもらうのはモーニングコーヒー!しかもブラックで!」というのが、僕ルール(^^;)
……正直、朝っぱら飲んだら、胃がもたれそうですけれども。

なお、「モーニングコーヒーは、マグでたっぷりと」というのが、こだわりその2だったりします。
お店で飲むのでなければ、カップはやっぱりマグですよ。うんうん。

「ゲームの中のどこかにある一日」なシチュエーションで作って見ました。
お味噌汁のかおりもいいけれども、たまにはコーヒーの香りの中での目覚めもいいんじゃないかなぁ、と。

今回、朝がテーマなので、過剰気味に光を入れることに挑戦してみました。
入れすぎかなぁ、と思いますが、自分としてはうまい具合にはまったような気がしますので、これで良し、という気分。
やっぱり、新しいことに挑戦するのは気持ちいいですね。

ところで、密かに込めた「あまあま〜」は伝わりっておりますでしょうか(^^)

2004/05/28 紅茶男