「Under the Black Moon, With the Green flower.」

「緑色の花というのはないんだよ」
というのが、庭いじりを趣味とする父親から聞いた話。
嘘か本当かはしらないけれども、まあ、緑の花を見た記憶もないので、本当なんでしょう(^^)

その話を思い出す度に、緑色の花というのは、存在しないのではなく、人が触れたり、見ることができないだけなのではないか、と思うことがあります。

「黒い月がかかる白い夜にだけ、緑の花は咲く」
というお話を考えてみたり。

まあ、そんな子供の空想みたいなものが、このCGの元です。
「変な絵」
と思ってもらえると、紅茶男としては嬉しいです(^^)

2003/12/07 紅茶男