「正しい家族風呂の使い方」

「おねがいツインズ」より、小野寺樺恋です。
いや、友達が、DVDを貸してくれたのですが、最終話の樺恋が可愛かったもので(^^)

一人の少年と、二人の少女の同居物語。
少女のうち一人は双子の兄妹で、一人は他人……という設定に「うわぁ、ベタベタ」のラブコメなんやろうなぁ、と思っていたのですが、違いました。
ラブコメではなくて、ファミリーコメディだったんですね、この作品。
芯がしっかりしていたせいか、最後まで楽しむことができました。
あと、主役の麻郁が格好よすぎ。

えーと、このCGは、第13話の後だと思ってください。
はい、樺恋のブラコンぶりが、爆発しているあの話の延長線上です。
みんなと温泉旅行に行って、みんなが寝静まった後、
「双子ですからぁ」
というあの一言で、麻郁を家族風呂に誘っているところだと思ってもらえればなぁ、と。

なんだか、えらくてこずったCGだったのですが、出来上がってみると、なんであんなに苦戦したのかが、自分でもよくわからないですね(-_-;)
樺恋らしく、もっと幼児体型のぽっちゃりとした感じにしたかったなぁ、とか、オレンジほっぺに挑戦したかったなぁ、という悔いもちこっとあるし。
うーん(^^;)

2004/05/16 紅茶男