「やみのふくいん」

「魔法先生ネギま!」より、エヴァンジェリン・A・K・マクダウェルです。

えーと、学園でのエヴァンジェリン編のときではなく、修学旅行編の最後で、リョウメンスクナノカミを呪文一つで葬り去ったときのエヴァさまだったりします。

ほぼ絶対零度150フィート四方の広範囲完全凍結殲滅呪文……そりゃ確かに「闇の福音」を名乗りますわな(^^;)
とりあえず、高笑いとともに、真祖の力を使いまくったあのお姿は忘れられそうにありません。

エヴァンジェリン編(コミックの3巻)が終わったあとからは、物語の本編にも積極的に絡んできていますし、本体年齢相応の可愛らしさも見せてくれるようになり、この先が楽しみ。
ちょっとした嫉妬とか、独占欲も生まれているみたいだし(^^)
あの圧倒的な実力からいって、パクティオーする機会はなかなかなさそうですが、なんとか見てみたいですな、ネギくんとの仮契約を。

CGは、幼児体型を目指したのですが、ちと頭が大きすぎてあぅー。
とはいえ、青を使いまくるのはかなり楽しかったので、けっこう、好みの形に仕上がりました。
欲を言えば、もっと、光の表現を使いたかったなぁ、と(使いすぎると、CGがぼやけるため、今回は押さえ気味にしたので(-_-;))。
色を引き立てるための光。
もっと勉強を重ねたいですね(^^)

2004/07/18 紅茶男