「あやね隷記 -裏辱-」

-novel-

私の身体を一通り味わった男たちは、その加虐心を、肛門へと向けた。

監禁中、淫具を突き入れられていたそこは、私の心を無視して、男をやわらかく受け入れた。

処女を奪われた時に感じたのは、屈辱感だった。
だが、排泄器を抉られ、男達の快楽を得るためのものとして犯されたときに感じたのは、絶望感だった。

私は悲鳴を上げ。
男が歓喜の声を上げた。

2003/7/21
2004/03/12 novel追加  紅茶男